JUJU

トップイメージ

プロフィール

12歳の頃からジャズシンガーを志し、18歳で単身渡米。ジャズをはじめ、さまざまなジャンルの音楽に触れ独自の音楽性を築いていく。

2001年より、他ミュージシャンとの音楽活動に参加。2004年『光の中へ』でメジャーデビュー。

2006年『奇跡を望むなら...』がロングヒットを記録し、07年度USEN年間総合チャート1位を獲得。その後も『素直になれたら JUJU feat.Spontania』が大ヒットを記録、ブレイクを果たす。

2009年リリースの『明日がくるなら JUJU with JAY’ED』は、映画『余命1ヶ月の花嫁』の主題歌として日本中の女性たちの涙と注目を独占した。2010年、「今の私の正直な気持ちをまとめた」というアルバム『JUJU』をリリース。

第52回日本レコード大賞優秀アルバム賞を受賞。さらにファンからのリクエスト曲に応えた自身初のカヴァーアルバム「Request」は、女性シンガーのカヴァーアルバムとしては史上初のオリコン2週連続1位を記録。
そして2014年、前作「YOU」から2年8ヶ月ぶりの5枚目のオリジナル・アルバム「DOOR」を3月5日にリリース。

変わらないものを守るために、変わりつづけてゆく。歌いつづけてゆくために、トライをし続ける。

そんな姿を作品、そしてライブを通して常に模索してきたJUJU。

JUJUは、次の扉をあけてゆく。そこにとどまることより、先に進むこと。

5枚目のアルバムにして、さらに“歌うこと”で、できることを模索し続けるその姿こそが、JUJUの次のエンタテインメントを生み出していく。

ディスコグラフィ

オススメアーティスト

今日の人気曲

mora 最新音楽ニュース @mora_info

    ページの先頭へ戻る