ザ・ピーナッツ

トップイメージ

プロフィール

ザ・ピーナッツは本名伊藤日出代・月子の双子姉妹。1941(昭和16)年愛知県常滑市生まれ。

小学生の頃NHKの合唱団に参加していたこともある彼女達はジャズに傾倒したのをきっかけに歌手を目指し、地元・名古屋のナイト・クラブなどで“伊藤シスターズ”として歌い始める。

58年の夏、公演でかの地を訪れた渡辺晋(前渡辺プロ社長)率いるシックスジョーズの目にとまり、渡辺プロへスカウトされて秋に上京。社長宅へ寄宿して宮川泰(当時シックスジョーズのピアニスト)の指導のもとレッスンに励んだ。ハーモニーに磨きがかかり、満を持してのデビューは59年2月、日劇の公演「第2回コーラス・パレード」のステージ。

渡辺プロが株式会社として正式に再スタートした59年4月30日、ザ・ピーナッツはキングレコードから「可愛い花」でレコード・デビューを果たした。二人は歌と踊りだけでなくコントにも果敢に挑み、お茶の間での人気をより一層高めてゆく。

61年には映画「モスラ」にも出演。ピーナッツ扮する小美人が歌う「モスラのテーマ」が大きな話題となる。63年、カヴァー曲「情熱の花」のヒットが縁でオーストリアのテレビ番組「カテリーナ・ヴァレンテ・ショー」への出演をきっかけに海外進出。66年、アメリカ進出。「エド サリバン ショー」「ダニー ケイ ショー」に出演。海外での活動はその後も続き、ホノルル~サンフランシスコ~ロスアンゼルス~サンタモニカを廻るアメリカ公演(1968)の他、ドイツ、オランダ、スイス、オーストリアなどでテレビ番組出演やレコーディングを行い、外国語で歌える曲は、1000曲以上ともいわれた。

1975年2月18日、引退を発表。同年、4月5日、NHKホールでさよなら公演。16年間に及ぶ芸能活動を完全燃焼した二人ではあったが、不世出の双子デュオの“伝説”は今なお続く。

ディスコグラフィ

今日の人気曲

mora 最新音楽ニュース @mora_info

    ページの先頭へ戻る