Pat Metheny Group

プロフィール

1954年8月12日カンザス・シティ生まれ。13歳から独学でギターを始め、72年にゲイリー・バートンの推薦でジャズ系最大権威の、バークリー音楽院の講師を18歳の若さで努めた。その後ゲイリー・バートンのグループで活躍、75年に初リーダー作『ブライト・サイズ・ライフ』でソロ・キャリアをスタート。77年には、ソングライティングのパートナーとして長きに渡り一緒に活躍することになる、Key.のライル・メイズと出会い、「パット・メセニー・グループ」を結成、数多くのヒット作を生み出し、94年リリースの『ウィ・リヴ・ヒア』が全世界的ヒット・アルバムとなった。97年の『イマジナリー・デイ』発表時には、グループでの日本を含む世界ツアーを行い、バリ・ライトを駆使した幻想的ステージを展開。3時間にも及ぶ凄まじいステージングが各地で話題に。99年には『ア・マップ・オブ・ザ・ワールド』。2002年2月、新生パット・メセニー・グループには、アントニオ・サンチェス(ドラム)、リチャード・ボナ(ヴォーカル、パーカッション)、クン・ヴー(トランペット、ヴォーカル)が新メンバーとして加わり、アルバム『スピーキング・オブ・ナウ』を発売。その後もソロ名義の『ワン・クワイエット・ナイト』、グループ名義の『ザ・ウェイ・アップ』をリリースしファンの熱い支持を集めた。最近はジャズ・シーン最大のプロジェクトとして、「パット・メセニー&ブラッド・メルドー」として活動、2枚の作品をリリース。2008年に2月にはトリオ名義の『デイ・トリップ』をリリースしたばかり。

ディスコグラフィ

ページの先頭へ戻る