Howie B

プロフィール

スコットランド出身。ブリストルのDJ集団SoulⅡSoulの重要人物であったHowie Bは、そのサウンド・プロダクションの技を多くのビッグ・アーティスト達に見そめられ、アンダー・グラウンドから徐々にメジャー・シーンでその名を知らしめていった。ロンドンのスタジオでエンジニアとして働いていた当初は、Swing Our Sisterや、Siouxsie & the Bansheesの仕事をしていた。その後めきめきと頭角を表していったハウィーの主なワークとしてはBjorkの『Post』から『Homojenic』、そしてU2の『Pop』で見せたサウンド・クリション。Wim Wendersからはサントラ「The End of Violence」の仕事を託される。さらにU2のライヴではサポート・アクトDJとしても活躍。そのハウィー、自身のレーベル<Pussyfoot>を設立し'99年に日本でアルバム『Snatch』をリリース。'98年3月U2と来日、'98年10月にも“Yellow”でDJプレイを披露している。

ディスコグラフィ

オススメアーティスト

今日の人気曲

mora 最新音楽ニュース @mora_info

    ページの先頭へ戻る