Jennifer Hudson

プロフィール

1981年、シカゴ、イリノイ州生まれ。現在27歳。

04年オンエアの米人気TV番組『アメリカン・アイドル』サードシーズンに登場。幼少より聖歌隊でゴスペルを歌ってきたジェニファーは、天性のズバ抜けた歌唱力で視聴者を圧倒するが惜しくも7位でその番組を去ることになる。しかしその後、自身の才能とガッツにより自力で作りあげたシンデレラ・ストーリーはまさにアメリカン・ドリームとなる。映画『ドリームガールズ』のオーディションに挑んだジェニファーは、強敵782人の参加者を押さえ審査員満場一致でエフェー・ホワイト役を獲得。ビヨンセ、エディー・マーフィー等錚々たる共演者と肩を並べて出演した同映画で、彼女の演技力と歌唱力はメディアからもオーディエンスからも大賞賛を浴びる。劇中ジェニファーが「アンド・アイム・テリング・ユー・アイム・ノット・ゴーイング」を歌い終わると、映画館ではスタンディング・オベーションが起こったという異例事態も発生。そして第64回ゴールデングローブ賞助演女優賞受賞をはじめ映画賞を軒並み制覇、第79回アカデミー賞の助演女優賞を見事獲得し20を越す映画賞を手に入れる。

08年には話題の映画『セックス・アンド・ザ・シティ』に出演し、主役キャリーのアシスタント役を好演。そして同年11月、満を持して全世界/全業界待望のデビュー・アルバム『ジェニファー・ハドソン』を発表。ところが、婚約も発表し幸せの絶頂にあったジェニファーに、家族が殺害されるという悲劇が襲う。一時活動を停止するジェニファーだったが、09年2月、全米最大のスポーツイベント<スーパーボウル>に登場しアメリカ国歌を斉唱。悲しみを乗り越え歌う彼女の姿とその声は全米のみならず世界中に大きな感動と勇気を与えた。さらに同月に行われた第51回グラミー賞授賞式でもパフォーマンスを披露し、まさに完全復活を果たしたジェニファーは見事最優秀R&Bアルバム賞を受賞!映画のみならず本業の音楽でも最高の栄誉を手にしたジェニファーへの喝采は、まだまだ鳴り止まない。

ディスコグラフィ

オススメアーティスト

今日の人気曲

mora 最新音楽ニュース @mora_info

    ページの先頭へ戻る