ザ・プロディジー

トップイメージ

プロフィール

ピストルズやクラッシュ誕生の背景に失業する若者の不満があったように。パブリック・エネミーのハードなライムの裏に黒人差別への反発があったように。そして、自らの手に再びパーティを奪還するDIY精神がレイヴ・カルチャーの熱源となったように、抑圧は時に時代を揺さぶる音楽やムーヴメントを生み出していく。そんな世界をひっくり返す音楽に熱狂していたイギリスはエセックス州の若者、リアム・ハウレットは、キース・フリント・リロイ・ソーンヒル(00年に脱退)、後に加入するマキシムと共に、勃発したレイヴの勢いに触発され、バンドを結成する。
91年リリースのシングル“Charly”のヒットを経て、バンドは92年に1stアルバム『Experience』をリリース。当時のダンス系のバンドにはないエンタメ性溢れるライヴで熱狂的な支持を獲得していく。94年に2nd『Music For The Gilted Generation』を発表。全英チャート1位を獲得しUKを制圧する。そしてブリットポップが終焉を迎える中、バンドは97年に3rd『Fat Of The Land』をリリースし、22カ国でNo.1、約1千万枚の売上を記録。パンク、ヒップホップの要素を強めたヘビーなサウンドで、世界中のフラストレーションを焼き尽くしていくのである。
7年ぶりの4th『Always Outnumbered, Never Outgunned』(04年)では既存のサウンドから脱却するため、リアムひとりで作業が行われ、エレクトロ・ムーヴメントの先鞭をつける作品となった。
新たに立ち上げた自主レーベル「Take Me To The Hospital」からリリースされる、5th『Invaders Must Die』は、全11曲46分というキャリア中最もコンパクトな構成の中、パンク、ヒップホップ、レイヴと時代のカウンター・ミュージックを融合&爆発させる、バンド本来の魅力を引き出した作品に仕上がっている。また“Invaders Must Die”ではダズ・イット・オフェンド・ユー・イェー!のジェイムズ・ラッシェントが共同プロデュースで参加。
完全復活を果たした反逆の皇帝が放つ暴動と言う名の祝砲『Invaders Must Die』。それは再び暗闇に足を踏み入れそうな時代の鼻っ面をぶちのめす痛快極まりないカウンターブローなのだ。

ディスコグラフィ

オススメアーティスト

今日の人気曲

mora 最新音楽ニュース @mora_info

    ページの先頭へ戻る