安岡 優

プロフィール

ゴスペラーズのメンバーとして1994年12月21日、キューンレコードよりシングル「Promise」でメジャーデビュー。
2000年8月リリースのシングル「永遠(とわ)に」、10月12日リリースのアルバム『Soul Serenade』が、記憶に残るロングセールスを記録しブレイク。
2001年3月7日リリースのシングル「ひとり」が、アカペラ作品としては日本音楽史上初のベスト3入りとなる。
2001年6月6日にリリースされたラヴ・バラードのコレクション・アルバム『Love Notes』が大ヒット。ミリオン・セールスを記録する。
以降、「星屑の街」「ミモザ」など多数のヒット曲を送り出す。2004年11月17日には、デビュー10周年を記念した初のベスト・アルバム『G10』をリリース。
また、他アーティストへの楽曲提供、プロデュースをはじめ、ソロ活動など多才な活動を展開。日本のヴォーカル・グループのパイオニアとして、アジア各国でも作品がリリースされている。
2014年12月17日には、デビュー20周年を記念したベスト・アルバム『G20』をリリース。オリコン初登場2位を獲得した。
デビュー記念日の12月21日からは全66公演 ゴスペラーズ史上最多公演数の全都道府県ツアー「ゴスペラーズ坂ツアー2014〜2015“G20”」をスタートさせ、
大成功を収めた。

また、ソロ活動としては2010年12月に刊行した映画エッセイ本「架空の主題歌」に音源9曲を付属、
2013年には新曲3曲を加えた12曲構成で「架空の主題歌&社会の窓」を各主要配信サイトにてリリースした。
そして2015年10月21日アルバム「バラードが聴こえる」で初のCDパッケージをリリースする。

ディスコグラフィ

オススメアーティスト

今日の人気曲

mora 最新音楽ニュース @mora_info

    ページの先頭へ戻る