荒井由実

プロフィール

生年月日:1954年1月19日
出身:東京
通称ユーミン。

72年、多摩美術大学在籍中にシングル「返事はいらない」で旧姓・荒井由実としてデビュー。
翌、73年、ファースト・アルバム「ひこうき雲」をリリース。
それまでのフォークソングとは一線を画する、ファッション性の高いメロディと独自の写実的な歌詞で、女性シンガー・ソングライターの草分け的な存在に。
そのスタイルは「ニュー・ミュージック」と呼ばれたくさんのフォロワーを生み、全く新しい音楽ジャンルとして確立し、後の「J-POP」の源流となった。
76年、アレンジャー、プロデューサーである松任谷正隆と結婚し松任谷由実になるが、荒井由実名義でリリースした初期4枚のアルバムは今も伝説的な存在となっている。
 その後、およそ1年に1枚のペースでアルバムをリリース。
リアリティのある恋愛観や共感できるライフ・スタイルを曲に反映させ、時代やトレンドをリードするアーティストとして、広い世代に受け入れられ、確固たる地位を築いている。
また、呉田軽穂の名義でも多くのアーティストに楽曲を提供している。
 1990年に発表したアルバム「天国のドア」は、日本人アーティスト初の200万枚を超す売り上げを記録した。
更にベスト・アルバムを含めた41枚の内21枚がオリコンヒットチャート1位を獲得しているが、これは女性アーティストの記録としては歴代1位。
通算のセールス枚数は3,000万枚以上となっており、これも女性アーティストとして1位の記録である。
 デビュー以来、毎年行っているコンサートは、派手な演出を駆使したエンターテインメントとして人気を呼び、公演チケットは常に即日ソールド・アウト。
80年代後半、そのチケット争奪戦は社会現象となる。

ディスコグラフィ

オススメアーティスト

今日の人気曲

mora 最新音楽ニュース @mora_info

    ページの先頭へ戻る