プリシラ・アーン

トップイメージ

プロフィール

1984年3月9日、ジョージア州の生まれ、ペンシルベニア州育ち。
現在はL.A.を拠点に活動を続けるシンガー・ソングライター、マルチ・インストゥルメンタル・プレイヤー。8歳頃より教会で歌い始めた。

母親からピアノを教わり、父親の勧めで14歳からギターを始め、曲を書くようになる。16歳から地元のコーヒーハウスで弾き語りを始め、17歳でシンガー・ソングライターになることを考えるようになり、19歳でL.A.へ移り、本格的に音楽活動をスタート。ホテルカフェ等で演奏し、注目を集めた。ブルーノート・レコードのシンガー・ソングライター、エイモス・リーや彼のA&Rの後押しで名門ブルーノート・レコードと契約、2008年にアルバム『グッド・デイ』でメジャー・デビュー。プロデューサーにジョーイ・ワロンカー(ベックのバンドで長年ドラムをたたき、ポール・マッカートニーやノラ・ジョーンズらの作品・ツアーに参加、R.E.M.ともツアー)が手掛け、キーボード/マルチ・インストゥルメンタルプレイヤーのグレッグ・カースティン(ダイド、クリスティーナ・アギレラ、リリー・アレン、ピンク等)、ギタリストのガス・サイファート(ノラ・ジョーンズ等)、チェリストのオリヴァー・クラウス(クリスティーナ・アギレラ、マンディ・ムーア等)らが参加した作品で、ノラ・ジョーンズに続く大型新人として話題になった。米「ローリング・ストーン」誌では『これを聴いて何も感じないあなた・・・あなたの心はきっと石でできている』と称賛。特にシングル「ドリーム」がロング・セラー・ヒットをしている。

これまでプリシラの歌声は多くの映画やテレビを彩り、「ドリーム」が米・映画『ブライダル・ウォーズ』(2009)、『ジェシカ・アルバのしあわせの方程式』(2011)等で、ウクレレの弾き語り曲「ファインド・マイ・ウェイ・バック・ホーム」が米・映画『私の中のあなた』(2010)で、他楽曲も米・人気テレビドラマ『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』や『ER緊急救命室』等で使用され、その数は、欧米、日本で40以上ものテレビや映画作品に及ぶ。

ディスコグラフィ

オススメアーティスト

今日の人気曲

mora 最新音楽ニュース @mora_info

    ページの先頭へ戻る