Tony Bennett

トップイメージ

プロフィール

1926年8月3日、ニューヨーク生まれ。ボブ・ホープに認められ、1950年から活躍。「ビコーズ・オブ・ユー」をはじめヒットを連発、1962年の「思い出のサンフランシスコ」で世界的に名を高めた。ジャズとポピュラーの境界線をなくし、ビル・エヴァンスとの作品や本格的なジャズ作品も多い。95年『MTVアンプラグド』でグラミー最優秀アルバムを獲得。2006年、『デュエッツ:アメリカン・クラシック』を発表。その続編『Duets II』(2011年)では急逝したエイミー・ワインハウスの最後の録音が含まれ話題に。2013年8月、『トニー・ザ・ベスト』を発表。翌9月に〈第12回東京JAZZ〉出演のため13年ぶりに来日。

ディスコグラフィ

ページの先頭へ戻る