Cazzette

プロフィール

アヴィーチーを世界に届けた「ホーム」から、新星「カセット」現る。スウェーデン出身のこの2人組DJユニットは、2011年にアヴィーチーの「スウィート・ドリームス」のオフィシャル・リミックスを手掛けてからシーンに大きな波紋を広げ、その後にスウィーディッシュ・ハウス・マフィアの「セイヴ・ザ・ワールド」のオフィシャル・リミックスも作成し、ぐいぐいと知名度を上げ続けている。EDMの先行者であるデヴィッド・ゲッタ、ティエスト、トーマス・ゴールドやマーティン・ソルヴェイグ等もこのダブ・ハウス・ユニットの逸材への支持を公言しており、スポティファイにその曲が登録されてから約1年、彼らは待望のデビュー・アルバム『イジェクト』のリリースで2014年を開幕させる。こだわりのベース音が特徴的な彼らの作品は、ハウス、エレクトロ、ダブステップ等の要素を混ぜ合わせ、アルバム『イジェクト』ではそのスタイルを更なる特質と完成度に高めている。
シンセが印象的な幸福感あふれるクラブ・チューン「クリーム」や「エンドルフィン」から、ゴツゴツしたエレクトロ・ハウスの「ヒット・ダ・フェイス」から、スロー・テンポでじわじわと盛り上げる「F4T」まで、彼らのセンスの幅広さに関してはもはや議論の余地もない。リード・ヴォーカルをフィーチャーした曲にさえ彼ら特有のシンセ・フレーズを堂々と折り込み、「ビーム・ミー・アップ」や「ウェポン」の様な曲を聴けば、カゼットは世界的なダンス・ミュージック・アーティスト達と肩を並べるレヴェルに達していることが明らかに分かる。フロアから強い信頼を置かれているカセットの大胆でエネルギッシュなサウンドとその作風を積込めた『イジェクト』は、2014年のダンス・シーンに彼らの名前を大きく響き渡らせるだろう。
彼らのデビュー・アルバムは、アヴィーチーを世界的スターへと導いたレーベルPRMDから発売され、スポティファイでは既に1年前に配信が開始され、数か月に渡り3部に分けて配信され多大な人気と評価を得ている。

ディスコグラフィ

今日の人気曲

mora 最新音楽ニュース @mora_info

    ページの先頭へ戻る