サラ・オレイン

トップイメージ

プロフィール

オーストラリア出身。ヴォーカリスト、ヴァイオリニスト、作詞作曲家、コピーライター、翻訳家。英語、日本語、イタリア語、ラテン語を操るマルチリンガル。

5歳よりヴァイオリンを始め、その才能をシモン・ゴールドベルグ(弱冠20歳でベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターに就任した著名ヴァイオリニスト)の高弟ペリー・ハートに見出され師事シドニー音楽院付属を経て、シドニー大学を High Distinction (最高点) で卒業、東大に留学。在学中に、ゲームソフト「ゼノブレイド」エンディングテーマ曲 “Beyond the Sky”(光田康典氏作曲) のヴォーカルを担当。

2012年、ユニバーサル ミュージックよりメジャーデビュー。3オクターブを超えるその声には「f 分の1ゆらぎ」と呼ばれる、癒しの効果が含まれることが科学的に実証される。1stアルバム『Celeste』は JALやANA 国際線でフューチャーされ、iTunesヴォーカル・チャート1位となる。2ndアルバム『SARAH』『SARAH Deluxe』はBillboardチャート13連続1位を獲得する。 ゲームソフト「タイムトラベラーズ」のエンディングテーマ曲 “The Final Time Traveler” (坂本英城氏作曲)のヴォーカル・英語詞を担当。この曲で羽生結弦選手と共演。その後の彼のグランプリファイナルや世界選手権のエキシビションにも抜擢された。アルバム『f』からは自らプロデュースを手掛け、4thアルバム『ANIMA』は発売開始以来Billboardクラシックチャート3週連続の第1位となる。

2017年冬公開予定のムーミン映画「Moomins and The Winter Wonderland 」の主題歌を日本語と英語で歌唱。

ディスコグラフィ

オススメアーティスト

今日の人気曲

mora 最新音楽ニュース @mora_info

    ページの先頭へ戻る