G-Unit

プロフィール

ブレイクしたら、自分のクルーと組む‐これが最近のヒップホップ界においての常識だ。
過去に何度も例を見ているが、今回も決して例外ではない。2003年度のシンデレラ・ストーリーの主役であり、待望の新人、そしてトップセラー・アーティストが今、仲間の全貌を明らかにする。
名前は知ってのとおり、50セント。ちゃんと聴いている人物なら、そのクルーがGユニットであることは周知の事実。
「オレは、レコード会社と契約を結ぶ以前からGユニットをプロモートしていた。」50は語る。「ミックステープ・サーキットに送り出したオレの音楽は全て、50セントとGユニットのものなんだ。」
Gユニットのラインナップは50セント、その陣営に、メタファー(隠喩)とライム(韻)の達人ロイド・バンクス、そして南部出身のアグレッシブなストリート・ソルジャー、ヤング・バック。サポートには、来年頭に釈放予定で現在投獄中のトニー・イェイヨ(「トニーを釈放せよ!」)が加わる。
アルバムは、『ベッグ・フォー・マーシー』。このアルバムを際立たせているのは、サポーティング・クルーが参加する作品には珍しく、50セントの『ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン』に決して劣らない作品になっている。

ディスコグラフィ

今日の人気曲

mora 最新音楽ニュース @mora_info

    ページの先頭へ戻る