牛尾憲輔

プロフィール

ソロアーティストとして、2007年に石野卓球のレーベル"PLATIK"よりリリースした
コンビレーションアルバム『GATHERING TRAXX VOL.1』に参加。

2008年12月にソロユニット"agraph"としてデビューアルバム『a day, phases』をリリース。
石野卓球をして「デビュー作にしてマスターピース」と言わしめたほどクオリティの高い
チルアウトミュージックとして各方面に評価を得る。

2010年11月3日、前作で高く評価された静謐な響きそのままにより深く緻密に進化した
セカンドアルバム『equal』をリリース。
一方、2011年にはagraphと並行して、ナカコー(iLL/ex.supercar)、フルカワミキ(ex.supercar)、田渕ひさ子(bloodthirsty butchers/toddle)との新バンド、LAMAを結成。

2003年からテクニカルエンジニア、プロダクションアシスタントとして電気グルーヴ、石野卓球をはじめ、
様々なアーティストの制作、ライブをサポートしてきたが、
2012年以降は電気グルーヴのライブサポートメンバーとしても活動する。

2014年4月よりスタートしたTVアニメ「ピンポン」、
2016年9月に公開された京都アニメーション制作、山田尚子監督による映画『聲の形』では劇伴を担当。
映画公開に合わせて楽曲群をコンパイルしたオリジナル・サウンドトラック 『a shape of light』がリリースされた。
2019年2月17日に公開される白石和彌監督による映画「サニー/32」の劇伴を担当。

その他、REMIX、プロデュースワークをはじめ、CM音楽も多数手掛けるなど多岐にわたる活動を行っている。

ディスコグラフィ

オススメアーティスト

今日の人気曲

mora 最新音楽ニュース @mora_info

    ページの先頭へ戻る