yanokami

プロフィール

矢野顕子とレイ・ハラカミのユニット。 2003年、くるりの作品『ワールズエンド・スーパーノヴァ』に収録されている「ばらの花」(remixed by REI HARAKAMI)を聴いた矢野顕子は、レイ・ハラカミの才能を知る。レイ・ハラカミは矢野顕 子の音楽をそのデューアルバムから熟知し、深く敬愛していた。 そんな彼らの交流は、2003年の[ さとがえるコンサート] の為に、矢野顕子がレイ・ハラカミにトラック制作を依頼した事からスタートした。2004夏のコンサートには、二人の共演が実現し、2006年 のサマー・フェスティバルでは、お互いのゲストとしてパフォーマンスを披露した。一方、2003年から静かに続けられていたデータのやり取りで彼らの音楽は、着実に形を表し、NYと京都で作ら れた作品は、東京にてミックスされ、進化を遂げた。 2007年4月には『細野晴臣トリビュート・アルバム-Tribute to Haruomi Hosono-』に「恋は桃色」のカバーで参加し、初めてyanokami として待望のデビューを飾る。NYと京都という距離を 越え、お互いの音楽を、たっぷりと味わうように制作した4年の月日は、音楽の為だけに存在した、まさに有機的なプロセスだった。 その成果は、2007年8月8 日に、レイ・ハラカミのプロデュースによりヤマハミュージックコミュニケーションズよりデビューアルバム『yanokami』として発表。2007年末の「Yahoo!ミュージックアワー ド2007」『ベストコラボレーション』部門の最優秀賞を獲得した。 2008年3月『yanokami』の英語版アルバム『yanokamick』のリリース。そしてシンガポールでの国際的ミュージックフェスティバル「MOSAIC MUSIC FESTIVAL 2008」に出演し、好評を博す。

ディスコグラフィ

今日の人気曲

mora 最新音楽ニュース @mora_info

    ページの先頭へ戻る