小松 亮太

トップイメージ

プロフィール

■小松亮太(バンドネオン)1973年 東京 足立区出身。さそり座 AB型

高校生時代より才能を発揮し、伝説的歌手である藤沢嵐子の91年のラスト・ステージではバンドネオン・ソロで伴奏を担当。
1998年のCDデビューを果たして以来、カーネギーホールや、アルゼンチン・ブエノスアイレスなどで、タンゴ界における記念碑的な公演を実現している。

アルバムはソニーミュージックより20枚以上を制作。「ライブ・イン・TOKYO〜2002」が高く評価され、03年にはアルゼンチン音楽家組合(AADI)とブエノスアイレス市音楽文化管理局から表彰された。15年にリリースした大貫妙子との共同名義アルバム『Tint』は、第57回輝く!日本レコード大賞「優秀アルバム賞」を受賞。

その音楽性のバックボーンであるタンゴ界の巨匠たちからの信頼も厚く、バンドネオンの巨星レオポルド・フェデリコやビクトル・ラバジェンとのツアー、アストル・ピアソラの元夫人の歌手アメリータ・バルタールとのライヴ・レコーディングや、ピアソラ・キンテート(五重奏団)のメンバーとのツアーなどを重ねている。

一方、ミシェル・ルグラン、ミルバ、イ・ムジチ合奏団、オルフェウス室内管弦楽団、ジェイク・シマブクロ、石井竜也、佐渡裕、林英哲、森山良子、宮沢和史などとの異種コラボへの飽くなき挑戦を継続する中、スーパーJチャンネル(テレビ朝日)のテーマ曲「スターネオ
ン」(ギター&作曲:鳥山雄司)のような名作も生まれた。

自身の作曲活動も旺盛で、フジテレビ系アニメ『モノノ怪』OP曲「下弦の月」(歌:チャーリー・コーセイ)、TBS系列『THE世界遺産』OP曲「風の詩」、映画「グスコーブドリの伝記」、「体脂肪計タニタの社員食堂」、NHKドラマ「ご縁ハンター」のサウンドトラックなど多数を手掛けている。
バンドネオン講師としては、世界最大のアマチュア・バンドネオン団体「東京バンドネオン倶楽部」を94年から一貫して監督すると同時に、国内外で新世代のプロのバンドネオン奏者を多数輩出。
2018年7月、デビュー20周年を迎える。

ディスコグラフィ

オススメアーティスト

今日の人気曲

mora 最新音楽ニュース @mora_info

    ページの先頭へ戻る