Keith Jarrett

トップイメージ

プロフィール

慢性疲労症候群という難病に憑り付かれたことから演奏活動の中断を余儀なくされていたキース・ジャレットだが、最近ではある程度の健康を取り戻し、充実した活動も行うようになってきた。

1999年にはソロ、2001年にはトリオで来日を果し、いずれも見事な内容で聴衆の耳を釘付けにしたのは記憶に新しい。アルバムも前作の『メロディ・アット・ナイト、ウィズ・ユー』と現時点での最新作『ウィスパー・ノット』が2年連続してスイングジャーナル誌のジャズ・ディスク大賞でを受賞するという快挙を成し遂げている。

ディスコグラフィ

ページの先頭へ戻る