唾奇×Sweet William

トップイメージ

プロフィール

Sweet William PROFILE :

抜群のメロディーセンスと、一聴すれば彼と分かるドラムパターンは自分の音楽をストイックに突き詰めた彼だからこそ作り上げられる世界観だ。近年では 1st Album の”LO ONE ”,2nd Album“Arte Frasco”はてはアパレルブランド等企業への楽曲提供など怒涛の制作ラッシュで一気に全国のシーンにその 名を知らしめた。中でもレーベルメイトでもある唾奇との共作も多く (2016/1 作品発売予定 ) 唾奇の故郷である沖縄シーンでは彼らの数々の楽曲がアン セムとなっているほど。センスや、制作スピード 以外でも彼流のミックス等、楽曲編集ロジック面でも高評価を得ている。HIPHOP をバックボーンに、しかし その枠にとどまらない音楽性と美的意識に加えたストイック性は作曲家として様々なシーンから注目されている。


唾奇 PROFILE :

独特、奇妙、ナチュラルでハイ。シーン内外から定評のある彼の世界観は時に徹底的なまでに冷徹であり、時に日向の様に暖かく聴くものを安堵させる。対局 の様な交わる事の無いそれぞれを絶妙なフィーリングでつなぎ合わせるのは言わずもがな彼のゲットー育ちのバックボーンからなるリリシズムだ。それはリ アルな現実を生き抜き、自己を見つめる事を忘れず徹底したラフさを身につけた彼以外は作り上げられ無いだろう。製作に関しても Sweet William とタッ グを組む事が多く、様々なアンセム、クラシックを日々作り上げている。また IO,YOUNG JUJU,CHICO CARLITO などとも親交も深くヒット曲を連発。彼 独自の世界観、その才能に HIPHOP の枠を飛び越え様々なアーティストの信頼を得ている。血の通った音楽が出来る少ないアーティストの 1 人だろう。

ディスコグラフィ

今日の人気曲

mora 最新音楽ニュース @mora_info

    ページの先頭へ戻る