Led Zeppelin

トップイメージ

プロフィール

1968年9月、ジミー・ペイジ(G)を中心に、当時彼が在籍していた”ヤードバーズ”を引き継ぐ形
でロバート・プラント(Vo)、ジョン・ポール・ジョーンズ(B)、ジョン・ボーナム(Ds)の4人で
”ニュー・ヤードバーズ”としてデビューする。
その後、バンド名を正式に”レッド・ツェッペリン”と改め10月16日に英サリー大学での初ライヴを持って栄光の第一歩を踏み出す。

69年にデビュー・アルバム『レッド・ツェッペリン』を発表する。

ジミー・ペイジが奏でるギター・リフとロバート・プラントの
唯一無二のヴォーカルが織りなすブルースをベースにしたパワフルなサウンドで世界中のロック・ファンを魅了する。

その後もソウル、フォーク、ドラッド、レゲエ、民族音楽といったさまざまな音楽的要素を
自らのサウンドに反映させ独自の地位を築くことに成功。
コンスタントに『レッド・ツェッペリンⅡ』(1969年)、『レッド・ツェッペリンⅢ』(1970年)、
『レッド・ツェッペリンⅣ』(1971年)、『聖なる館』(1973年)等名盤を連発する。

高い完成度に革新性をも兼ね備えた作品群とパワフルなライヴ・パフォーマンスは
60年~70年代のロック・シーンにおける大きな指針となる。

76年に『プレゼンス』、79年にはシンセサイザーを導入した意欲作『イン・スルー・ジ・アウト・ドア』を発表するが、
80年のジョン・ボーナムの事故死を機にバンドは解散を余儀なくされるが人気と評価は衰えるどころか
世界中で多くのフォロワー・バンドや新しいファンを創生し、今日に至っている。

07年12月10日、たった一夜の再結成ライヴが行われ、全世界から2000万人の応募が殺到。
さらに12年11月には、再結成の全貌を収めたパッケージ&デジタル・プロダクト『祭典の日』が登場。
『祭典の日』は、2014年のグラミー賞でベスト・ロック・アルバムを受賞。
ツェッペリン史上初のグラミー賞受賞となった。

そして、14年6月、オリジナル・アルバムを20年振りにジミー・ペイジ自身がリマスタリングに関わる壮大なプロジェクトがスタート!
デラックス・エディションには、「コンパニオン・オーディオ」とジミー・ペイジが命名する、
超貴重な未発表音源が収録され、話題となっている。

2014.10.28 現在

ディスコグラフィ

オススメアーティスト

今日の人気曲

mora 最新音楽ニュース @mora_info

    ページの先頭へ戻る