Chris Dave And The Drumhedz

トップイメージ

プロフィール

Chris Dave(クリス・デイヴ)

1973年11月8日米・テキサス州ヒューストン出身のドラマー/作曲家。

大学一年時に、後にプリンス、マライア・キャリー、宇多田ヒカルらを手掛けることとなる敏腕音楽プロデューサー/ソングライター・デュオのジャム&ルイスと出会ったことで、クリスはR&Bバンドのミント・コンディションとのセッションに参加するチャンスを獲得した。この経験が彼のプロフェッショナルとしてのキャリアのスタートとなり、その後は、ライオネル・リッチーやメアリー・J. ブライジといったR&Bアーティストやケニー・ギャレットのような一流ジャズ・アーティストのレコーディング/セッションに参加することになる。2010年にはマックスウェルの『”ブラック”サマーズナイト』で第52回グラミー賞「最優秀男性R&Bアルバム賞」、2012年にはアデルのセカンド・アルバム『21』で54回グラミー賞「最優秀アルバム賞」を獲得。

2009年には、ジャズ界の新星ピアニストとして注目されていた高校の後輩であるロバート・グラスパーの新バンド「ロバート・グラスパー・エクスペリメント」に初代ドラマーとして参加。2013年に第55回グラミー賞「最優秀R&Bアルバム賞」を獲得した同バンドの代表作『ブラック・レディオ』で聴くことが出来る、ゆらぎのある大きくレイドバックしたビートでありながら切れ味の鋭いドラムワークは、「まるでJ Dillaの作るビートのよう」と音楽ファンの間で話題を集め、“クリス・デイヴ”の名前は世界中の音楽界に知れ渡ることになった。

近年は、2014年の第57回グラミー賞「最優秀アルバム賞」と、「最優秀ポップ・ボーカル・アルバム賞」の2部門にノミネートされたエド・シーランのセカンド・アルバム『X(マルティプライ)』や、2015年の音楽シーンを激震させ、第58回グラミー賞「最優秀R&Bアルバム賞」を獲得したディアンジェロの14年ぶりのアルバム『ブラック・メサイア』、そしてジャスティン・ビーバーをネクスト・ステージへと導いた“モンスターアルバム”『パーパス』(2016年)に参加し、世界的なファースト・コール・ドラマーの地位を獲得。日本においても、2017年発表の宇多田ヒカルのシングル「大空で抱きしめて」、「Forevermore」、「あなた」への起用が大きく話題を集めている。

ディスコグラフィ

今日の人気曲

mora 最新音楽ニュース @mora_info

    ページの先頭へ戻る