定番HIP HOP特集(2GETHER 4EVER)

SINGLE

Afrika Bambaataa

Looking For The Perfect Beat (12" Vocal Version) (Remastered)

黎明期のヒップホップで、誰よりも巨大な存在感を示したのがアフリカ・バンバーター先生。その戦闘的なイメージと裏腹に、曲はこんなにエレクトロ。いま聴いても最高にクールな「完璧なビート」。

The Beastie Boys

Fight For Your Right

初期ヒップホップ史に燦然と輝く白人(ユダヤ人)軍団による大ヒット・パーティナンバー。しかし、実は当時流行っていた学生ノリのパーティ曲(モトリー・クルーとか)を皮肉ったパロディだったのだとか。

N.W.A.

Straight Outta Compton (Edited)

危険都市コンプトンの名を地図に刻み、西海岸ヒップホップのイメージを決定づけた凶悪ラップナンバーがこれ。アイス・キューブとDr.ドレーを輩出した、「世界で最もデンジャラスなグループ」の代表曲だ。

Eazy-E

We Want Eazy

NWAのリーダー、「小さな巨人」ことイージーの代名詞的ヒット。ブーツィーズ・ラバー・バンドの"Ahh... The Name Is Bootsy, Baby!"の替え歌的カバーで、冷血ギャングスタに徹しきれないキャラに合っていた。

MC Hammer

U Can't Touch This

空前のダンスブームを巻き起こした、踊れるラッパー。最大のヒット曲であるこれは、リック・ジェイムズの"Super Freak"をサンプリングしたもの。詞よりグルーヴで魅せるハマー流ヒップホップを象徴している。

LL Cool J

Mama Said Knock You Out

人気にかげりが見えた頃のLLが、祖母(彼はママと呼ぶ)に「敵はみんなノックアウトしちまいな!」と言われたことをきっかけに作り上げた曲。ボクシングをイメージしたこの戦闘的ラップで、彼は見事に復活!

Nas

THE WORLD IS YOURS

デビューするや否やMCとして名声を確立したナズの初期代表曲。名匠ピート・ロックによるトラックは、ジャズのサンプリングを活かしスクラッチを絡めたもので、当時のNYのクールさが凝縮されている。

2 Pac

California Love

伝説のラッパー、2パック。そんな彼が亡くなる前年の95年に放った代表曲がこれ。カリフォルニアへの愛を歌い上げる! プロデュース&ラップでDr.ドレーが、トークボックスでロジャー・トラウトマンが参加。

Black Eyed Peas

Fallin' Up (Album Version (Explicit))

数年後に女性ヴォーリストを迎えてジャンルレスな大ブレイクを果たす彼らが「ヒップホップ・グループ」だった頃に話題を呼んだデビュー曲。イージー・Eの舎弟だったのにギャングスタとは縁遠い音楽性が面白い。

Missy Elliott

Sock It 2 Me (Amended Version)

90年代後半のヒップホップ/R&B界に衝撃を与えたティンバランドの相方ソングライターがミッシー。シンガー/ラッパーとしてデビューし、その肥満体(当時)込みの独特の存在感で、シーンの台風の目となった。

Busta Rhymes

Tear Da Roof Off [Explicit Version]

持ち前のユーモアと絶妙なラップ・スキルで、90年代後半のNYシーンに欠かせない存在だったバスタの代表曲。スウィズ・ビーツ(アリシア・キーズの夫)の初期プロデュース曲としても要注目だ。

DMX

What's My Name

ジェイ・Z、ジャ・ルールと共に、90年代末の「デフ・ジャム(系)全盛期」を盛り上げた男。デビュー作から1年半で発表した第3作『...And Then There Was X』からの初シングルで、吠えるようなラップが印象的だ。

Eminem

My Name Is (Album Version (Explicit))

「2000年代に最も売れたラッパー」と言われるエミネムのメジャー・デビュー曲。Dr.ドレーがプロデュースしたノヴェルティ調のトラックに乗ったコミカルなラップが、ヒップホップ界の新時代を感じさせた。

Nelly

Country Grammar (Hot...) (Album Version (Explicit))

「歌えるラッパー」時代の本格的到来を告げた、無名ラッパー(当時)の超出世曲。その前年にブレイクしたエミネムと共に、これまで無視されていたミッドウェスト(中西部)地方をヒップホップ地図に刻むことに。

Trick Daddy

Take It Da House (Explicit Album Version)

カリブ海に突き出したフロリダ半島南部は、陽気なスケベ・ラップの宝庫…だった。そのイメージをガラッと変えたサグ系ラッパーがトリック・ダディ。だが、この曲では陽気なパーティラップに挑んでいる。

Chingy

Right Thurr

ネリーと同郷、ミズーリ州セントルイスから登場した男。エミネム並のハイトーンで繰り出される、ネリー以上にキツいセントルイス弁(hairをherと発音する)ラップが、適度に弾けたトラックにマッチしている。

50 Cent

In Da Club (Album Version (Explicit))

ボクシングとドラッグ稼業で鍛えた競争精神で、9発の銃弾を喰らっても生き延びた男。口も撃たれたのでロレツが怪しいが、それも個性に変えたラッパーだ。Dr.ドレーによる硬質なビートが冴える代名詞的ヒット。

Twista

Slow Jamz (Feat. Kanye West & Jamie Foxx) (Explicit Album Version)

最速ラッパー、トゥイスタが、同郷カニエ・ウェストの助力で放った、メロウトラック×早口ラップ。途中で入る女性のエロチックなセリフ「スロウなのも素晴らしかったわ。でも今度は速く攻めて♥」が笑いを誘う。

Chamillionaire

Ridin?' (Al?bum V?ersio?n (Ex?plici?t))

禁酒・禁タバコ・禁ドラッグ派のコンシャスラッパー、カミリオネア。「黒人だから怪しい」という理由で、警官に呼び止められ、クルマの中を調べられる……そんな「人種別プロファイリング」に対する抗議曲だ。

Three 6 Mafia

Stay Fly (Clean Album Version)

(グラミー賞ではなく)アカデミー賞をとってしまった、テネシー州メンフィスのラッパー/プロデューサー・チーム、スリー6マフィア。強面イメージとは裏腹にソウルフルな曲を作り続ける彼らの代表的ヒット。

Flo Rida

Low (feat T-Pain)

フロリダ出身の筋肉ラッパー。そのゴツい体格に似合わぬ、裏返り気味の高い声で、ポップかつエレクトロなトラックも軽々と乗りこなす彼のデビュー・ヒット。T・ペインが歌うフックが冴える。

Far East Movement, The Cataracs, DEV

Like A G6

アジア系アメリカ人グループとしては初めてビルボード誌のチャートで1位獲得の快挙! 極端にエレクトロ方面に傾斜したサウンドに乗せたぶっきらぼうなラップで、「クールなアジア系」の時代を到来せしめた。

Waka Flocka Flame

Bustin' At 'Em (Explicit Album Version)

2010年代の最凶南部ヒップホップ。ドラムスより大きい銃声、メインのラップより大きい掛け声……と狂った音バランスも破壊力抜群。その一方で、あまりに単細胞なラップで「愛すべき男」と見られているフシあり。

丸屋九兵衛 Profile

丸屋九兵衛

QBことマルヤ・キュウベエは、bmrの名物編集者。バカ田大学第一文学部哲学科人文専修を5年かけて卒業後、ちょっぴりイリーガルな商売を経て、bmrに就職。初出社の朝に就業条件がウソ八百と判明するも、メゲずに居座り続けて10ウン年。インタビュー現場での発言量の多さにより、60代のファンクマスターから10代の少年シンガーまで幅広いアーティスト(取材対象)に呆れられているという。自慢のアイテムはStevie Wonderのサイン。

『bmr』とは……1969年4月に創刊された音楽雑誌。ソウル、ファンク、R&B、ヒップホップなどのブラック・ミュージックの魅力を粘り強く伝えてきた。現在は雑誌からウェブサイトに形を変え、「bmr.jp」として継続中。

関連サイト

bmr.jpサイト
丸屋九兵衛のツイッター
InterFM『丸屋九兵衛のモンゴリアン・デスロック』