DA PUMP「U.S.A」 “ダサかっこよさ”で魅力再発見! ダンス・音楽の注目ポイントをまとめました

最高に“ダサかっこいい”と話題のDA PUMP「U.S.A.」がついにmoraでも配信開始! 聴いたら踊りだしたくなること間違いなし!!

 

U.S.A./DA PUMP

DA PUMP「U.S.A.」

試聴・購入[音源] 試聴・購入[ビデオ]

 

ミュージックビデオがすでに大きな話題を呼んでいるこの楽曲の振付を、メンバーであるダンサーのKENZO氏が解説しています。(公式ブログ

 

① Aメロ:「U.S.A.」のところの動き

右腕を上にクロスし、

左腕を上にクロスし、

最後にこのポーズ。

アメリカといえば……な、「自由の女神」をイメージしているとのことです。

 

② サビ:「C’MON BABY アメリカ」のところの動き

背中を少しだけしならせた状態で、横方向にバックステップで飛び跳ねながら移動していくもの。
「Shootダンス」と言われていて、現在アメリカを中心に大流行中の振付です。

「元々はアメリカのフットボールの選手が得点した時に、やっていた動きが発祥となっています。」とKENZO氏は語っていますが、さらに元をたどると、下記のMVにたどり着くと言われています。(「Shoot」は曲名だったんですね)

オリジナルの「BlockBoy JB」氏がステップを踏んでいる最中を捉えた写真。

Caption Dis🍇

A post shared by BlocBoy JB (@blocboy_jb) on

DA PUMPの皆さんは親指を立てたポーズで飛び跳ねているので、「いいねdance」と名付けたとのこと。

日本人にも親しみやすいネーミング!

 

③ 間奏:驚異のインベーダーフォーメーション

高速でのカニ歩き。それをDA PUMPの皆さんは「驚異のインベーダーフォーメーション」と名付けています。
インスピレーションはMCハマー氏から受けたとのこと。

これがDA PUMPの7人にかかると……

「スペースインベーダーのゲームであれば早く移動しすぎて 打ちづらくて仕方ありませんw」「気になったメンバーがいたら打ってください ちなみにISSAさんはセンターから動かないので 一番打ちやすいです!」(KENZO氏)とのことです。笑

 

「ユーロビート」について

さてこの「U.S.A.」、音楽的には「ユーロビート」と言われるジャンルになります。四つ打ちのダンスミュージック。90年代に流行した、「パラパラ」が有名でしょうか。

海外から輸入し、日本で広めたのが何を隠そうDA PUMPも所属するavex(および、社長の松浦勝人氏)。
コンピレーションシリーズ「SUPER EUROBEAT」は1990年の「VOL.1」発売以来リリースを重ね、現在「VOL.248」までが配信中!

 

「SUPER EUROBEAT」シリーズの購入はこちら

 

一時下火となったユーロビートですが、最近は若い世代による「再発見」も進んでいます。登美丘高校ダンス部による「バブリーダンス」で最注目された荻野目洋子「ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)」も、広義のユーロビートに含まれる楽曲といえるでしょう。

 

ダンシング・ヒーロー -ALL EAT YOU UP-/荻野目 洋子

ダンシング・ヒーロー -ALL EAT YOU UP-

試聴・購入

 

いかがでしたでしょうか。ぜひダウンロードして、何度も繰り返し聴いて、そして「踊ってみた」動画をアップしてみてはいかがでしょう?

 

オリコンの公式YouTubeチャンネルにて、リーダーのISSA氏が「U.S.A.」の魅力を語るオフィシャルインタビューも公開されました。こちらも要チェック!

 

DA PUMP 配信一覧はこちら