日向坂46

トップイメージ

プロフィール

■日向坂46(ひなたざかふぉーてぃーしっくす)

秋元康総合プロデュース

2016年5月8日にオーディションにより選ばれた11名の合格者と長濱ねるの12名で、ひらがなけやきの活動は始まった。
6月26日の「欅って、書けない?」にて、2ndシングル「世界には愛しかない」の選抜発表で、長濱ねるが選抜入り、漢字欅とひらがなけやきの兼任メンバーとなる。

ひらがなけやきは、このシングルのカップリング曲として「ひらがなけやき」が初めての楽曲として収録された。以降、各シングルのカップリング曲として楽曲が収録されるもまだまだ認知されず、人気急上昇中の漢字欅に比べて後塵を拝する日々が続いた。

2018年に入り、1月30日、31日、2月1日の3日間、欅坂46とけやき坂46で行う予定だった日本武道館公演が、諸事情によりひらがなの3days公演となる。突然の大きな舞台に不安を抱えながらのリハーサルの中、なんとチケットが即完、「私たちにも待っててくれる人がいる」と不安を振り払い、単独3days公演を大成功で終える。この日本武道館公演の最終日にサプライズとしてひらがなけやき単独アルバムのリリースが発表され、メンバー一同、涙のステージとなった。
また、この夏に行なわれた「坂道合同オーディション」にて合格したメンバーの中から、11月29日にグループ配属が発表、ひらがなけやきには1名、三期生として上村ひなのが配属となる。一期生、二期生メンバーは、伝説の「ドッキリ」で上村を迎え入れた。

12月10日には日本武道館にて、欅坂46二期生+けやき坂46三期生合同の「お見立て会」が開催され、上村にとって初のステージとなった。
翌11日、12日、13日の3日間は日本武道館にて「ひらがなくりすます2018」を開催、1年間で7日間日本武道館でパフォーマンスするという快挙を成し遂げ、2018年を締めくくった。

2月11日、「ひらがなからのおしらせ」としてSHOWROOM配信を実施、3月27日の単独デビューを発表。その後、メンバーへのサプライズとしてグループ名の改名が発表され、けやき坂46は「日向坂46(ひなたざかふぉーてぃーしっくす)」として生まれ変わった。

遠回りをしながらも、少しずつ坂を上って、ようやくスタートに辿り着いた日向坂46。
シングルデビューに向けて、日向坂46は、新たな坂道を上り始める。

ディスコグラフィ

オススメアーティスト

今日の人気曲

mora 最新音楽ニュース @mora_info

    ページの先頭へ戻る