さだまさし

トップイメージ

プロフィール

1952年長崎市出身。73年フォークデュオ「グレープ」でデビュー。代表作品は「精霊流し」「無縁坂」。1976年ソロデビュー後も「雨やどり」「関白宣言」「北の国から」「秋桜」など数々の国民的ヒット作品を生む。

2012年、デビュー40周年にあたりオリジナルアルバム41作目「もう来る頃...」、きだまきしという新たなキャラクターでアルバム「大変なンすからもォ。」の2作をリリース。オリジナルアルバムはグレープから通算41作、楽曲は520曲(詞・曲のみの提供を含む)となる。

活動の中心をコンサートにおき、1976年から現在までのコンサート回数はソロ通算3,900回を超え、2013年にはついに前人未踏の4,000回を迎える。
2001年より本格的に作家としての活動を始め「精霊流し」「アントキノイノチ」など6作の書下ろし小説を上梓。

ディスコグラフィ

オススメアーティスト

今日の人気曲

mora 最新音楽ニュース @mora_info

    ページの先頭へ戻る