The Doobie Brothers

プロフィール

1970年サンホセで結成(前身バンドは69年結成)。オリジナル・メンバーは トム・ジョンストン(G、VO)、ジョン・ハートマン(DS)、パット・シモンズ(G,VO)、デイヴ・ショーグレン(B)。70年にはレコード契約を結び、71年『ドゥービー・ブラザーズ・ファースト』でデビュー。72年のセカンド・アルバム『トゥールーズ・ストリート』より「リッスン・トゥ・ザ・ミュージック」がヒット。一躍注目を集める。73年のサード・アルバム『キャプテン・アンド・ミー』からは「ロング・トレイン・ランニン」がトップ・テン・ヒットとなり名実ともにアメリカン・ウェストコースト・ロックの代表グループとなった。75年にはスティーリー・ダンに在籍していたジェフ・バクスターが参加してトリプル・ギターとなる。しかし、77年にはトム・ジョンストンが脱退し、代わりにキーボード・プレイヤーのマイケル・マクドナルドが参加。彼の参加によって都会的な洗練されたサウンドをを持つバンドへと変身。78年の『ミニット・バイ・ミニット』からのシングル「ホワット・ア・フール・ビリーヴ」がグラミー賞のソング・オブ・ジ・イヤーに選ばれた。その後、洗練されたサウンドで活躍を続けたが82年に解散。フェアウェル・ツアーの模様は『フェアウェル・ツアー~ライヴ』で聴くことが出来る。89年には初期のメンバーを中心に再結成。アルバム『サイクルズ』『ブラザーフッド』をEMI/キャピトルよりリリース。
2000年には結成30周年を記念して彼らのキャリアを4枚のディスクにまとめたボックスセット『アンソロジー:ロング・トレイン・ランニング』と新作オリジナルアルバム『シブリング・ライヴァルリー』をリリースした。
そして、2001年。待望の来日公演が実現するした。

ディスコグラフィ

オススメアーティスト

今日の人気曲

mora 最新音楽ニュース @mora_info

    ページの先頭へ戻る