Madonna

トップイメージ

プロフィール

本名:マドンナ・ルイーズ・ヴェロニカ・チコーネ/Madonna Louise Veronica Ciccona


1958年8月16日米国ミシガン州生まれ。1969年からダンスのレッスンを受け始め、1975年には奨学金を得てミシガン大学の舞踏課程に入学するも、1年で中退。スターの座を夢見てわずか35ドルを手に単身ニューヨークへ渡り、時給1ドル50セントのウェイトレスをしながら、本格的ダンスのレッスンを続ける。

1982年、デモテープをきっかけにワーナー・ブラザーズ傘下のサイアー・レコードとの契約に成功。契約のきっかけを作ったキーマンでもあるマーク・ケイミンのプロデュースによる「エヴリバディ」でデビューを飾る。

デビュー作は、当時のダンス/クラブ/ディスコ・シーンを反映した非常に良質なポップ・アルバムだったが、セカンド・アルバム以降は、圧倒的な完成度が有無を言わせぬ迫力を呼んでいる。自らを完璧に対象化し、アイコンとしての迫力を見せ付け、男女を問わない支持を受けた『ライク・ア・ヴァージン』(1984)により、ポップ・クィーンとしての地位を完全に確立。

その後『トゥルー・ブルー』(1986)、『ライク・ア・プレイヤー』(1989)、『アイム・ブレスレス』(1990)と次々に大ヒット・アルバムをリリース。初のベスト・アルバム『ウルトラ・マドンナ~グレイテスト・ヒッツ』(1990)では、ブレイク前のレニー・クラヴィッツを早くも起用、若手アーティストへの先見の明を示した。

2008年3月10日にはR&Rホール・オブ・フェイムに出演し、イギー・ポップなどと一緒にロックの殿堂入りを果たした。

[2015年3月]

ディスコグラフィ

ページの先頭へ戻る