eufonius

トップイメージ

プロフィール

ボーカルriyaとサウンドプロデューサー菊地創による音楽ユニット。2004年のメジャーデビュー以来「CLANNAD」「true tears」「ヨスガノソラ」等、数々のアニメ&ゲーム主題歌、BGMを担当。透明感溢れるサウンドメイクとドラマチックでオリジナリティ溢れるメロディメイクが魅力。

r i y a:福岡県出身、2月18日生まれのAB型。短大の音楽科を卒業後、新居昭乃さんに憧れて、鍵盤の講師をしながら音楽制作を始める。その後個人のホームページにUPした曲がきっかけで菊地氏と出会い、eufoniusを結成、2004年10月にメジャーデビュー。透き通るような心地よい歌声が各方面で話題になり、数々のアニメ&ゲーム主題歌を担当。2012年には「FINAL FANTASY LEGENDS」主題歌「セカイノユクエ」の歌唱を担当。その他様々なアーティストへの作詞&コーラス参加等、幅広く活動中。

菊地 創:北海道出身、2月24日生まれのAB型。音楽専門学校卒業後20歳よりCM音楽、ゲーム音楽の制作に携わる。その後23歳で作編曲家としてメジャーデビュー後、2004年10月にはeufoniusとしてメジャーデビュー。eufoniusのサウンドプロデューサーとして数々のアニメ&ゲーム主題歌を担当。また「true tears」、「ネギま!白き翼〜ALA ALBA〜」等では劇伴も担当。独特の転調を駆使したメロディメイクと透明感のあるクリアなサウンドメイクを特徴とし、プライベートスタジオを拠点に楽曲提供、録音からMIXまで手がける。

ディスコグラフィ

ページの先頭へ戻る