五木ひろし

トップイメージ

プロフィール

芸能生活50周年を経て、2015年(平成27年)五木ひろし「よこはま・たそがれ」より45周年を迎えた。
1964年(昭和39年)「第15回コロムビア全国歌謡コンクール」で優勝し、プロ歌手となる。
1970年(昭和45年)「全日本歌謡選手権」で10週勝ち抜きの栄冠を得る。翌1971年(昭和46年)3月1日に「五木ひろし」として「よこはま・たそがれ」を発表。この曲の大ヒットにより、数多くの賞を受賞し、一躍ミリオンセラー歌手となる。
毎年年末のNHK紅白歌合戦では、1971年「よこはま・たそがれ」で出場以来、連続しての出場。また2004年3月には、自身の構成演出による日生劇場ライブコンサートが評価され、文化庁より第54回芸術選奨文部科学大臣賞(大衆芸能部門)を受賞。2007年11月には紫綬褒章を受章。
常にチャレンジを続ける日本歌謡界のトップランナー。
あらゆるジャンルで最高の声を披露できる日本を代表する歌手として、多方面から評価を得ている。

ディスコグラフィ

オススメアーティスト

今日の人気曲

mora 最新音楽ニュース @mora_info

    ページの先頭へ戻る