大村 憲司

トップイメージ

プロフィール

1949年5月5日、兵庫県出身。
71年に赤い鳥の『スタジオ・ライブ』に参加したことがプロ活動のスタート。
73年から本格的にスタジオ・ワークを開始し、生涯を通じて厖大な数のレコーディングやライブに参加している。
80年には高橋幸宏の誘いでYMOのワールド・ツアーに帯同。
当時のライブは頻繁にテレビ中継されたが、ストラトキャスターで朗々と泣きのギター・ソロを弾く「MAPS」は衝撃的で、大村憲司の名を全国区にした。
ソロ・アルバムは4枚発表。中でもハービー・メイスンのプロデュースによりLAでレコーディングされた『KENJI SHOCK』 (78年)と自らのプロデュースによる『春がいっぱい』(81年)は傑作として名高い。
80年代以降はプロデュースやアレンジの仕事も多くなり、大江千里、井上陽水、大貫妙子、EPO、柳ジョージなど多くのアーティストを手がけている。
1998年11月18日逝去。

ディスコグラフィ

オススメアーティスト

今日の人気曲

mora 最新音楽ニュース @mora_info

    ページの先頭へ戻る