アリス

トップイメージ

プロフィール

1970年のアメリカコンサートツアーで、大阪のセミプロフォークグループ「ロック・キャンディース」のリーダーだった桃山学院大学出身の谷村と、東京のソウルバンド、「ブラウン・ライス」のゲストドラマーだった矢沢が知り合い意気投合した。二人は帰国したらプロとして一緒にグループを組もうと約束する。

帰国後谷村は、同じ神戸の音楽サークル、ポート・ジュビリーで知り合いだった、アマチュアロックバンド、「フーリッシュ・ブラザーズ・フット」のボーカルで京都産業大学出身の堀内をグループに誘った。
1971年12月25日に谷村と堀内で西心斎橋四丁目にある大阪帝国ホテルの一室にて、矢沢が合流することを前提に「アリス」を結成。1972年3月5日、シングル「走っておいで恋人よ」でデビュー。

同年5月5日、矢沢が合流し、3人のアリスになった。
1974年には年間303ステージという前人未踏の記録が残っている。

ツアーの成果と、谷村のMBS「ヤングタウン」や「セイ!ヤング」のDJ、関西カレッジフォーク界で有名だった立命館大学と同志社大学のOB三人組ウッディー・ウーの「今はもうだれも」カバーヒットを契機に、オリジナル楽曲「帰らざる日々」「冬の稲妻」「涙の誓い」「ジョニーの子守唄」「チャンピオン」「秋止符」「狂った果実」等、数々のヒット曲を連発した。
1978年、日本人アーティストとして初めて日本武道館3日間公演を成功させる。
日本武道館ではその後活動停止まで何回も公演し、他に後楽園球場、大阪球場、横浜スタジアム、といった当時の野球場や、東京厚生年金会館大ホール、大阪フェスティバルホールといった全国の主だった音楽ホールなどを軒並みに満員にするほど、アリスは多数のファンを獲得していった。


▽活動停止
谷村と堀内のソロ活動活発化とともに1981年5月21日にアリスの活動停止を記者発表。

北京・香港・バンコクの海外ツアーを含む全国ツアー後、1981年11月7日の後楽園球場のコンサート「アリス・ファイナル」にて活動停止。

▽再始動
1987年アルバム「ALICE X」シングル「BURAI」を発表

2000年1月17日 神戸での阪神淡路大震災追悼コンサート開催

同年8月にアリス(Alice)名義からALICE名義に変更されて再結成が記者発表され、同年12月31日の第51回NHK紅白歌合戦出場

ディスコグラフィ

オススメアーティスト

今日の人気曲

mora 最新音楽ニュース @mora_info

    ページの先頭へ戻る