長渕 剛

トップイメージ

プロフィール

1978年シングル「巡恋歌」で本格デビュー。
翌年にファースト・アルバム『風は南から』をリリースし、80年「順子」でチャート1位を獲得する。
以後、85年「勇次」、87年「ろくなもんじゃねぇ」、88年「乾杯」「とんぼ」など、80年代を通じヒットを連発。

90年代に入り、91年『JAPAN』、93年『Captain of the Ship』など、オリジナリティの極みとも言える革新的なアルバムをリリースすると同時に、
92年5月15日、東京ドームで1人 vs 65,000人という常識外れのライブを成功させる。

03年シングル「しあわせになろうよ」でシングルの総売り上げは1000万枚を突破。さらに、ソロ・アーティストとして12枚のオリジナル・アルバムでオリコンチャート1位獲得という、
金字塔も打ち立てている。

また、02年の横浜スタジアム、03年の赤レンガパークなど、数々の会場での動員記録を塗り替え、
04年・夏、桜島の荒地を開拓して作った野外会場でのオールナイトライブでは、日本全国から75,000人を集めるという驚異の集客力を見せつけた。
経済効果50億と言われたこの公演は、音楽界のみならず、国内に大きな衝撃と感動を与えた。
その会場跡地には記念モニュメント『叫びの肖像』が建立され、現在、公園事業計画が進んでいる。音楽の持つ力と可能性を、日本に示した瞬間といえるだろう。

サッカーのワールドカップの会場のごとく日本国旗がコンサート会場に翻った05年の『YAMATO』ツアーでは95,000人を動員。
07年のアリーナ・ツアー『Come on Stand up!』では全国14箇所19公演で15万人を動員。
直径9メートルのセンター・ステージを舞台に、まさに格闘技のリングさながらのライブを展開。

そして09年ユニバーサルミュージックへ移籍。移籍第一弾シングル「卒業」は、NHK「課外授業 ようこそ先輩」を通じて知り合った、現役高校生40名との共作。
卒業ソングの新たなる名曲が生まれた。

翌2010年10月にはシルベスター・スタローン監督・脚本・主演の映画「エクスペンダブルズ」日本版主題歌「絆-KIZUNA-」をリリース。
プロモーション来日したスタローンとの対談は、大きな話題となった。

2014.10.28 現在

ディスコグラフィ

オススメアーティスト

今日の人気曲

mora 最新音楽ニュース @mora_info

    ページの先頭へ戻る