Jennifer Lopez

プロフィール

NYブロンクス出身。1998年、上り調子だった女優業を休み、歌手デビューへのデモ・テープを制作して米ソニー・ミュージックとの契約を勝ち取り、本人のルーツである「シンガーになる」という夢を叶えた。 1999年にデビュー・シングル「マイ・ラヴ」を発売すると、いきなり全米5週連続1位を記録。続く「ウェイティング・フォー・トゥナイト」でグラミー賞ノミネート&VMA受賞を果たし、デビュー・アルバム『On The 6』(1999年)は全世界で700万枚を超えるセールスを記録。音楽界でもいきなりのトップ・スターの地位を確立することとなった。 その後も2作目『J. Lo』(2001)、リミックス・アルバム『J to tha L-O! The Remixes』(2002)、3作目『ディス・イズ・ミー…ゼン』(2002年)、4作目『リバース』(2005)、スペイン語アルバム『ジェニファーの愛の11カ条~コモ・アーマ・ウナ・ムヘール』(2007)、5作目『ブレイヴ』(2007)と大ヒット・アルバムを連発し、『J. Lo』では音楽&映画両チャートを同時に制した初のアーティスト、『J to tha L-O! The Remixes』ではリミックス・アルバム史上初の初登場1位獲得、という快挙を成し遂げた。さらに自身の香水、ファッション・ブランド、TV/映画制作会社など多岐にわたる一大.ジェニファー・ロペス・ブランドを展開。2011年に新作アルバム『ラブ?』を発売、米人気番組「アメリカン・アイドル」の審査員も行う。 激動の運命を生き抜く女神として、全世界に多くのファンを持つジェニファー・ロペスはヒット曲「オン・ザ・フロア feat.ピットブル」や「ダンス・アゲイン feat.ピットブル」を収録する究極のベスト・アルバム『ダンス・アゲイン...ザ・ベスト・ヒッツ』を2012年に発売。その後ユニバーサルミュージックへ移籍するも、2016年、再びL.A.リードがチェアマンを務めるソニー・ミュージック傘下の米エピック・レコードと契約。復帰第1弾シングル「エイント・ユア・ママ」をリリースしたばかり。

ディスコグラフィ

ページの先頭へ戻る