DOES

プロフィール

003年、氏原ワタル(Vo, Gt)、赤塚ヤスシ(Ba, Cho)、森田ケーサク(Dr, Cho)が集まり、福岡で結成。福岡での活動が都内のメジャーレーベルプロダクションに知れ渡り、争奪合戦によりKi/oon Recordsよりメジャーデビューが決定。
2006年、デビューシングル「明日は来るのか」リリース。
2007年、テレビ東京系アニメ「銀魂」のエンディングテーマとして起用されたシングル
「修羅」はオリコン初登場9位にランクイン。圧倒的なライヴパフォーマンスの評価は高く、以降、「ARABAKI ROCK FES」、「ROCK IN JAPAN」 「RISING SUN ROCK FESTIVAL in EZO FES」等、各地大型フェスの常連となる。
2008年第一弾シングル「曇天」を6月18日にリリース。自身最高のオリコン初登場3位にランクイン。着うた (R)等の配信がロックバンドとしては異例の20万ダウンロードを突破。
2009年、興行収入30億突破の大ヒット映画、全国東宝系「クローズZEROⅡ」(監督三池崇史、主演小栗旬)の出演及び劇中歌に大抜擢。名物映画プロデューサー山本又一朗氏の大推薦を受け、劇中で一曲演奏を披露。また、DOES自身のライブにも足を運び、撮影現場でも幾度と無くコミュニケーションを交わした三池監督はDOESに関して「飾りを剥ぎ取った潔さが美しいバンド。それが、「DOES」なのだと思う。雨に濡れたむきだしの鋼に似た匂いが心地よい。だから、「DOES」がここにいる。裸の耳で聴いてみな。あなたも裸になれるから。三池崇史」とシビれるコメントを寄せている。

ディスコグラフィ

今日の人気曲

mora 最新音楽ニュース @mora_info

    ページの先頭へ戻る