中田裕二

プロフィール

中田裕二(なかだゆうじ) 1981 年生まれ、熊本県出身。

2000 年、仙台にて「椿屋四重奏」を結成。
2003 年のデビュー以降、歌謡曲をベースにした新 たなロックサウンドで多くの音楽ファンを獲得。
2011 年 1 月の突然の解散発表は大きな反響を呼んだ。
3.11 東日本大震災直後には、被災地 / 被災者に向けた曲「ひかりのまち」を中田裕二名義で配信リリース(収益はすべて義援金として寄付)。
6月から8月にかけて行なわれたカヴァー曲を中心に「歌」に特化したプロジェクト「SONG COMPOSITE」の全国ツアーは全17公演 が即日 SOLD OUT。
これを機に、本格的なソロ活動に入る。

これまでに3枚のオリジナルアルバムをリリース。
また、奥野真哉(SOUL FLOWER UNION)をはじめとする豪華サポートメンバーを帯同しての全国ツアーも精力的に展開している。
幼少時に強く影響を受けた'70-80年台の歌謡曲・ニューミュージックのメロディセンスを核に、
あらゆるジャンルを貪欲に吸収した一筋縄ではいかないサウンドメイクと、
様々な情景描写や人生の機微をテーマとした詞作によるソングライティングは中毒性が高く、熱心な信奉者が多数。

その他に、'10 年 6 月、田中ユウスケ率いるクリエイター集団、Q;indivi のニュー・プロダクト、
「Q;indivi+」のミニアルバムに参加。
同年 7 月、杏子のミニアルバム収録曲で初めて楽曲提供&プロデュースを手掛ける。

2014.10.21 現在

ディスコグラフィ

オススメアーティスト

今日の人気曲

mora 最新音楽ニュース @mora_info

    ページの先頭へ戻る