牧野由依

トップイメージ

プロフィール

3歳から子役として芸能活動を開始。
4歳からピアノを始め、東京音楽大学付属高等学校ピアノ科、同大学器楽専攻 ピアノ科卒業。
8歳の時に岩井俊二と出会い、『LOVE LETTERS』の劇伴のピアノ演奏に参加する。
その後、『リリイ・シュシュのすべて』『花とアリス』でも劇伴の音楽を担当。

子役時代を経て2005年4月CLAMP原作によるNHK教育テレビアニメ—ション
「ツバサ・クロニクル」のヒロイン・サクラ役で声優デビュー。
同時にテレビ東京系アニメーション「創聖のアクエリオン」EDテーマ、菅野よう子プロデュース
「オムナマグニ」を歌唱しプレデビュー。
同年8月、劇場版「ツバサ・クロニクル~鳥カゴの国の姫君~」主題歌「アムリタ」を
リリースし歌手活動を本格的に始動。
その後、多数のアニメに声優として出演しつつ、歌手としても多数のアニメのタイアップ曲を手掛ける。

2007年、日中文化交流事業イベントに日本代表として招聘され北京で歌唱。
2008年3月、府中の森芸術劇場ウィーンホールにて、初の単独コンサート(全曲弾き語り)を行う。
2009年、フランス・パリで開催された世界最大のジャパン・ポップカルチャー
フェスティバル「JAPAN EXPO」に初の日本人声優として出演。
以後NY、上海、シンガポール、ソウルなどでも公演を行う。

2010年3月3日、エピックレコード移籍第一弾シングル「ふわふわ♪」をリリース。
同年6月、国際交流基金の支援を受けローマとパリでコンサートを実施。
2011年4月、資生堂“ELIXIR WHITE”CMソングアーティストに抜擢され
「お願いジュンブライト」(エピックレコード)をリリース。
9月には香港、10月には広州でのコンサートに加え、中国最大規模のアニメフェスティバル
「広州ACG」のステージでは2日間で約12000人の観客を湧かせた。
11月に行われた岩井俊二映画音楽ピアノコンサートではピアニストとして上海・北京の公演に参加。
また同月、日中映像交流事業として開催された「Japan Anime Festival in Shanghai」の
ライブステージでは弾き語りなどを披露。

現在も、声優・歌手・ピアニストとして国内国外問わず、多才な才能を発揮し活動している。

ディスコグラフィ

ページの先頭へ戻る