SYMPHOBIA

プロフィール

スウィートボックス、エタニティのプロデューサーGEO(ジオ)が新プロジェクトをスタート!
最新の「クラシック・ミーツ・ポップ」サウンドが、世界に先駆け、日本先行リリース決定!
新プロジェクト名は「SYMPHOBIA(シンフォビア)」
新ヴォーカルは神秘的な魅力をもつドイツの才女、アディーシャ。
20年近く前からGEOは、ソフトラップとモダンポップをクラシックの名曲を融合させた楽曲を制作していた。
1997年、ヨハン・セバスティアン・バッハの「G線上のアリア」をベースとして「エブリシング・イズ・ゴナ・ビー・オールライト」でスウィートボックスが大ヒット。
同曲は、世界中の多くの国でトップ10入りし、全世界で数百万枚を売り上げた。
その後、彼は「フォー・ザ・ロンリー」「シンデレラ」「ライフ・イズ・クール」「ワンダフル・ワールド」など、クラシック音楽をベースとしたヒット曲をスウィートボックスやエタニティで多数発表、ゴールドやプラチナディスクとなった。
浜崎あゆみやS.H.Eなどの日本や中国のスターたちにも楽曲はカバーされた。
スウィートボックスとエタニティのプロジェクトを経て、GEOのサウンドは2014年シンフォビアとなり継承される。
新プロジェクトのシンフォビアでGEOは、チャイコフスキーの「白鳥の湖」や「くるみ割り人形」そしてベートーヴェンの「運命」、バッハの「トッカータとフーガニ短調」そしてモーツァルトの「魔笛」といったクラシックの名曲を楽曲に取り入れている。
シンフォビアのヴォーカルはアフリカ系ドイツ人のアディーシャ。
ドイツ人でフルート奏者である彼女の母は、カールスルーエ(南ドイツ)とガーナの大学で音楽を学んだ。彼女の父親はガーナ出身のミュージシャン。
クラシック音楽の教育を受けてないアディーシャだが、2つの音楽文化の中で育ち、子供の時から両方の音楽を体験し身に付けているシンガーであり、ラッパーである。
クラシック音楽、エネルギー溢れるラップ、ソウルフルでジェントルな歌声のアディーシャが、スウィートボックスのティナ・ハリス(1997-1999)やジェイド(2000-2007) などを経て、『アーバンポップがクラッシックに出会う』というGEO のサクセスストーリーを彩る、新たなシンガーとなった。

ディスコグラフィ

今日の人気曲

mora 最新音楽ニュース @mora_info

    ページの先頭へ戻る