Hilary Duff

プロフィール

2001年、14歳でディズニー・チャンネルの人気シリーズ「リジー・マグワイア」の主役に抜擢され、一躍世界的ブレイクを果たしたヒラリー・ダフ。その後、多くの長編映画に出演。「リジー・マグワイア・ムービー」、「エージェント・コーディ」、「シンデレラ・ストーリー」、「12人のパパ」といった作品だけでなく、シリアスな役にも取り組み、2008年には高評価を得た「エージェント・オブ・ウォー」でジョン・キューザックと共演。そして「ハツ☆コイ」では主役を演じ、オスカー女優エレン・バースティンとも共演を果たす。また、製作総指揮と監督を「セックス・アンド・ザ・シティ」のダーレン・スターが務める「Younger(原題)」(全米で今後TV Landにて放送)でTVドラマにも復帰、大きな話題を呼んでいる。(同TVドラマシリーズの共演者にはトニー賞受賞者サットン・フォスター、デビ・メイザー、ミリアム・ショア等。またパメラ・レドモンド・サトラン著の小説「Younger」が原作。) 
もちろん歌手としても多くの作品で世界的な成功を収めているヒラリー。全米シングル・チャートTop40に「So Yesterday」や「Come Clean」のシングルを送りこんだデビュー・アルバム「Metamorphosis」は、アメリカで400万枚を売り上げ、全米アルバム・チャートでいきなりの1位を獲得。ヒラリーの世界レコード売り上げ枚数は1500万枚を超え、プラチナ・レコード賞も2度獲得。彼女のコンサートは全国でソールド・アウト続出となった。
音楽・演技以外でも、様々な栄誉も手にしているヒラリーは、ティーン・チョイス・アワードを2度受賞、さらにTeen People誌によって「最もホットな25歳以下のスター25人」のひとりにも選ばれた。慈善活動にも積極的で、子どもや動物に関する活動に特に力を入れている。そのひとつとして慈善団体である「Blessings in a Backpack」の創立に携わっており、都心部に住む児童たちに必要な食事を届ける活動を行っている。彼女はまた、「メイク・ア・ウィッシュ」(Make-A-Wish Foundation)にも携わっている。

ディスコグラフィ

オススメアーティスト

今日の人気曲

mora 最新音楽ニュース @mora_info

    ページの先頭へ戻る