BOREDOMS

プロフィール

ヤマタカEYヨが中心となって1986年に結成。
当初から実験的なアプローチで明らかに異彩を放っていた。

88年ソニック・ユースと当時のNYアンダーグランド・シーンの最先端に位置する来日公演で共演。彼らはボアダムスのステージに衝撃を受け、その名は一気にアメリカにも知れ渡る。
88年インディーレーベル“セルフィッシュ”からファースト・アルバム「恐山のストゥージズ狂」をリリース。
翌89年にはセカンド・アルバム「ソウル・ディスチャージ'99」と、日本国内でも確実に高い評価を得るようになっていった。

92年サード・アルバム「POP TATARI」をメジャーレーベルのWEAからリリース。日本音楽業界に少なからず衝撃を与えた。
それまでの既存概念を軽々と打ち破るボアダムスの音楽や存在が十分理解認識されている環境とはいえなかったが、アメリカツアーをきっかけに93年アメリカでも「POP TATARI」をWarner Brothersからリリース。同年、「WOW2」をリリース。
5枚目「CHOCOLATE SYNTHESIZER」ではロック文脈に縛られない自由で開放的な表現、理性的でプリミティブなサウンドは多くの若い世代を捕らえ、音楽関係者の称賛を浴びた。
その後も国内外で精力的な活動を続け、実験的な精神に満ちあふれた「SUPER ROOTS」のシリーズ化し、常に新しいモノに挑戦し続けていた。
98年に歴史的名盤「SUPER ARE」を発表。翌99年にはさらに押し進めた「VISION CREATION NEWSUN」をリリース。サン・コンシャスな意識が一層高まる。

2001年V∞REDOMSとしてドラム3台とDJの形態で円く輪を組み演奏すると言う、ボアダムスの核を追求していく形態を始めていく中、フジロックや国内外のフェスティバルでも活躍。
2004年には「SEADRUM / HOUSE OF SUN」をリリース。
2007年には77台のドラムとのコラボレーションイベントである77BOADRUMをNYで、2008年には88BOADRUMを実現化。

ボアダムスは20年以上にわたる活動の中で様々な音楽や文化を消化し、浄化して力強く、衝撃的で美しい活力にあふれた音楽へと変え続けている。

ディスコグラフィ

オススメアーティスト

今日の人気曲

mora 最新音楽ニュース @mora_info

    ページの先頭へ戻る