野宮 真貴

プロフィール

1981年『ピンクの心』でデビュー。その後「ポータブル・ロック」を経て、80年代ニューウェイヴシーンを代表する存在に。90年代に「ピチカート・ファイヴ」に加入、渋谷系文化のアイコンとして、日本及び海外の熱狂的な人気を集めた。現在、独創的な存在感と歌声で、音楽に加え、カルチャーやアート、ファッションなど多方面で活躍中。そのエッセンスを凝縮したシアトリカルなライブパフォーマンスが近年の白眉として、注目を集めている。2011年にデビュー30周年を迎えるにあたり、2010年10月20日には、デビューアルバムがボーナストラックを加えて再発売された。

81年、ムーンライダーズの鈴木慶一プロデュースによる『ピンクの心』でデビュー。その後、ポータブル・ロックのヴォーカリストとして活躍。東京ニューウェイヴ・シーンの歌姫として愛される。90年、ピチカート・ファイヴに3代目ヴォーカリストとして参加。93年、「スウィート・ソウル・レビュー」、「東京は夜の七時」とヒットを飛ばす。また、94年からマタドール・レコードからアメリカ・デビュー。『MADE in USA』は世界で20万枚のセールスを記録する。同時期に高浪敬太郎が脱退し、“監督:小西/女優:野宮” 的な創作スタイルへ。音楽性とファッション性の掛け算が加速する。結果、世界の情報過多な都市のセンスのよい人々から熱狂的な支持を受け、中でも野宮は「東洋のバービードール」、「歌うキティちゃん」として喝采を浴びた。映画版『チャーリーズ・エンジェル』(’00)で「トゥイギー・トゥイギー」が流れ、ミック・ジャガーもファンを公言する中、2001年、惜しまれながら解散する。2枚目のソロ・アルバム『レディ・ミス・ワープ』(’02)を皮切りに、“野宮真貴第2期黄金時代” へ突入。ディナーショー・スタイルの『ドレスコード』(’04)、完全フロア対応の『PARTY PEOPLE』(’05)と、毎回、趣向を凝らしたアルバムを発表。草野マサムネ、槙原敬之、クレイジーケンバンド、須永辰緒、菊地成孔、m-flo、FUTON(バンコク)……といった多種多様なアーティストたちとのコラボレーションにより、野宮の新たな魅力が花開いている。

ディスコグラフィ

ページの先頭へ戻る