The Goo Goo Dolls

プロフィール

"アメリカで最も有名な無名バンド"から、"ベスト・アメリカン・ロック・バンド"へ。1986年のデビュー以来、苦節10年の下積みを経て、「ネーム」、「アイリス」のメガ・ヒット・シングルを生み出し”ベスト・アメリカン・ロック・バンド”の称号を得る存在となったグー・グー・ドールズ。
1998年の『ディジー・アップ・ザ・ガール』からは実に5枚のシングル・ヒットを生み、全米だけで500万枚のセールスを記録。
"アメリカン・ロックの良心”的存在として、美しいメロディーとエッジの効いたサウンドをフィーチャーしたヒットを連発。特に映画『シティ・オブ・エンジェル』挿入歌として全米NO.1を記録した「アイリス」は、1999年グラミー賞4部門ノミネートの、バンド最大のヒット・シングルとなった。2002年の『ガターフラワー』でも、その美しいメロディーを主体としたロック・サウンドは健在で、3作連続でアメリカではプラチナ・アルバムに。2006年に発表した『レット・ラヴ・イン』では、これまで3作連続でプロデューサーを務めていたロブ・カヴァロから、グレン・バラードにプロデューサーが変更、更にスケール・アップした作品となった。2007年にキャリア初となるオール・タイム・ベストをリリース。サマーソニック07にも出演。

ディスコグラフィ

オススメアーティスト

今日の人気曲

mora 最新音楽ニュース @mora_info

    ページの先頭へ戻る