伊藤銀次

プロフィール

1972年、大阪で結成したバンド「ごまのはえ」のシングル『留子ちゃんたら』で、キング/ベルウッドからデビュー。
アルバムのプロデュースを依頼したことがキッカケとなり『故・大瀧詠一』氏と出会い「はっぴいえんど」の解散コン
サート『CTY-LAST TIME AROUND』(1973年9月21日@文京公会堂)に「ごまのはえ」から改称した「ココ
ナツ・バンク」として出演する。その後、山下達郎/大貫妙子/村松邦男らと共に「シュガー・ベイブ」に一時在籍し、
名曲『DOWN TOWN』を山下達郎と共作、また大瀧詠一/山下達郎と共に『Miagara Triangle Vol.1』に参加。
りりィの「バイバイ・セッション・バンド」を経て、1977年に初のソロ・アルバム『DEADLY DRIVE』をワーナーミュージッ
クよりリリース。その後はアレンジャー/プロデューサーとして沢田研二/アンルイス等、数々のアーティストを手
掛ける傍ら、「佐野元春」と出会い、彼のバンド「The Heartland」にギタリストとして活
動し、初期の元春サウンドの確立に貢献する。1982年にソロアーティストとしてポリス
ターと契約(後に原盤はSONYに移管)『BABY BLUE』など7枚のアルバムをリリース。
2003年には幻のバンド「ココナツ・バンク」の再結成アルバムをリリース。2007年から
は「I STAND ALONE」と云うアコースティックLIVEを全国で展開し、また「杉真理」ら
と「マイルドヘブン」等新たなバンド/ユニット活動も開始する。

ディスコグラフィ

オススメアーティスト

今日の人気曲

mora 最新音楽ニュース @mora_info

    ページの先頭へ戻る