ツダミア

トップイメージ

プロフィール

2016年5月、25才のシンガーソングライター井上水晶と、55才の作曲家・音楽プロデューサー津田直士が、生み出したい作品と音楽への想いが一致していることに気づき、音楽ユニット“津田直士井上水晶(TsudaMia)”を結成しました。
早速、オリジナル作品『何もいらない』を6月に、『Mothers』を7月に、moraの配信限定でリリース後、8月に紀尾井町サロンホールにてワンマンライブを開催。
この一連の動きでユニットとしての存在意義を実感した2人は、本格的な活動が1年以内にできるよう、作品創りや活動拠点の準備を進め、活動に備えてそれぞれの活動や仕事も整え始めます。
やがて、ユニットの音楽性と存在意義が明確に伝わる作品『Dear』『人魚姫のアリア』『私の潮騒』などが生まれ始め、2017年春から音源制作を開始。
そして2017年7月、活動拠点となるOnebitious Recordsから、ユニット名を“ツダミア”に変えて本格的な活動を開始することを発表しました。

30年という年令差も、シンガーソングライターとプロデューサーというキャリアの違いも跳び越え、弾く楽器はどちらもピアノという組み合わせでありながら、2人がユニットで活動していく背景には、ツダミアの、音楽への深い信念とこだわりがありました。
それは『世の中の流行りや都合とは関係なく、自分たちが “100年残る” と確信できる作品だけを生み出して、限りなく生に近い状態で伝えていく』というものです。

ディスコグラフィ

オススメアーティスト

今日の人気曲

mora 最新音楽ニュース @mora_info

    ページの先頭へ戻る