本田珠也トリオ

トップイメージ

プロフィール

本田珠也 プロフィール

1969年、東京生まれ。父本田竹広(P)、母チコ本田(Vo)、叔父に渡辺貞夫(As)、渡辺文男(Ds)という音楽家系に育ち、幼少の頃から自然とドラムスティックを手にしていた。小学6年生の時に独学でドラムを始め、1982年、おりしも人気絶頂だった本田竹曠率いる”ネイティブサン”が「第1回斑尾ジャズフェスティバル」に出演した際、飛び入り参加したのが初舞台となり、その後、ネイティブサンのライブやレコーディングに参加するようになる。
1989年頃から父の勧めでジャズを志す。ネイティブサン以後、本田竹曠ビッグファン、ポールジャクソングループ、北海道バンド、ハイタイドハリスブルースバンド等を経て、辛島文雄、大野俊三、伊藤君子、渡辺香津美、増尾好秋、渡辺貞夫等のバンドに参加。
1997年、子供の頃から愛聴してきたロックやファンクミュージックにジャズを融合させたグループ「本田珠也PLANET X」を結成(既に解散)。ライブハウスを中心に活動し、2000年3月、東芝EMIより初リーダーアルバム「PLANET X」をリリース。
2001年3月、大口純一郎トリオ、菊地雅章トリオ、ケイ赤城トリオと立て続けに3人のピアノリーダーのアルバムレコーディングに参加。
2003年12月、タイランドインターナショナルジャズフェスティバルを筆頭に、香港~シンセン~上海のツアーに、現地のミュージシャンと共に参加。
2007年9月16日には、リーダーとしては待望の2作目となる「Elvin Jones Tribute Band」(解散)をリリース。またその年から菊地成孔DubSeptetに参加、最近の動向としては、積極的な即興演奏の活動が挙げられる。主な共演者には、Peter Brötzmann、Thomas Morgan、Todd Nicholson、Ken Vandermark、Elliott Sharp、Paal Nilssen-Love、Nils Petter Molvær、八木美知依、大友良英、坂田明等。
現在、音楽学校メーザーハウスでドラム講師も務め、作曲にも力を入れる等、精力的に活動している。

ディスコグラフィ

今日の人気曲

mora 最新音楽ニュース @mora_info

    ページの先頭へ戻る