藍坊主

プロフィール

神奈川県小田原市出身の4人組ロックバンド。
高校時代、別々のバンドをやっていたhozzyと藤森が意気投合し、メンバーを集めてブルーハーツやウルフルズのコピーバンドである「ザ・ブルーボーズ」を結成。 地元小田原のライブハウスで活動を始める。
バンド名を「藍坊主(あおぼうず)」に改名。高校卒業後、藤森の幼馴染である田中をギターに加え活動の場所を東京都内に移す。
2003年2月12日、インディーズデビューアルバム「藍坊主」をリリース。
地元CDショップでのインストアライブには、噂を聴きつけた人達が650人も集まり騒然となる。
その後、マキシシングル「雫」「空」を2カ月連続でリリースしインディーズチャート上位に次々ランクイン。
2004年5月にアルバム「ヒロシゲブルー」でメジャー進出。
2005年3月に渡辺拓郎(Dr)が正式加入し、現在のメンバー編成となる。
秀逸なメロディーと多くの人に共感される身近なテーマを題材にした歌詞、
そしてライブを積み重ねることで身に付けた確かな演奏力と透明感のあるボーカルが魅力なバンド。
Vo hozzyはジャケットデザインの描き下ろしや楽曲のトラックダウンを自身で行う等、アーティストとして様々な魅力を発揮している。

[2014.08 現在]

ディスコグラフィ

試聴
楽曲タイトル
収録パッケージ
鞄の中、心の中
ヒロシゲブルー
サンデーモーニング
ヒロシゲブルー
雫 (しずく)
ヒロシゲブルー
春風
ヒロシゲブルー
追伸、僕は願う
ヒロシゲブルー
青葉台の夜
ヒロシゲブルー
センチメンタルを越えて
ヒロシゲブルー
殴れ
ヒロシゲブルー
宇宙を燃やせ
ヒロシゲブルー
ヒロシゲブルー
おもいでの声
ヒロシゲブルー
月のヒト
ヒロシゲブルー
僕らしさ君らしさ
ヒロシゲブルー
ウズラ
ウズラ
螺旋
ウズラ
雨の強い日に
ソーダ
螺旋
ソーダ
ウズラ (album ver.)
ソーダ
瞼の裏には
ソーダ
ポランスキーナ
ソーダ
水に似た感情
ソーダ
ただ 「生きる」 ということ
ソーダ
ガーゼ
ソーダ
ロボハートストーリー
ソーダ
やさしい うれしい
ソーダ
スプーン
スプーン
Lumo
スプーン
桜の足あと
桜の足あと
柔らかいローウィン
桜の足あと
桜の足あと
ハナミドリ
テールランプ
ハナミドリ
スプーン
ハナミドリ
ハニービースマイル
ハナミドリ
コーヒーカップと僕の部屋
ハナミドリ
0
ハナミドリ
ジムノペディック
ハナミドリ
泣いて
ハナミドリ
ベンチで手紙を読む老人
ハナミドリ
柔らかいローウィン
ハナミドリ
マイホームタウン
ハナミドリ
ハローグッバイ
ハローグッバイ
羽化の月
ハローグッバイ
コイントス
コイントス
シータムン
コイントス
空を作りたくなかった
空を作りたくなかった
そらみるたまご
空を作りたくなかった
宇宙を燃やせ (リアレンジ)
空を作りたくなかった
言葉の森
言葉の森
コンセント
言葉の森
Esto
フォレストーン
ハローグッバイ
フォレストーン
コイントス
フォレストーン
ピースサイン
フォレストーン
僕は狂ってなどいない
フォレストーン
空を作りたくなかった
フォレストーン
羽化の月 (FORESTONE Ver.)
フォレストーン
不滅の太陽
フォレストーン
深く潜れ
フォレストーン
言葉の森
フォレストーン
アジサイ
フォレストーン
マザー
マザー
オセロ
マザー
名前の無い色
名前の無い色
スタンドバイミー
名前の無い色
沈黙
名前の無い色
伝言
伝言
クラゲ
伝言
低迷宮の月
ミズカネ
ラストソング
ミズカネ
オレンジテトラポット
ミズカネ
ポルツ
ミズカネ
おいしいパン食べたい
ミズカネ
グッドパエリア
ミズカネ
氷に似た感応
ミズカネ
創造的進化
ミズカネ
マザー
ミズカネ
伝言
ミズカネ
沈黙 (月まで響くような彼らの幻灯)
ミズカネ
名前の無い色
ミズカネ
いわし雲
ミズカネ
あさやけのうた
あさやけのうた/すべては僕の中に、すべては心の中に
すべては僕の中に、すべては心の中に
あさやけのうた/すべては僕の中に、すべては心の中に
星のすみか
星のすみか
花のなはなの花
星のすみか
生命のシンバル
生命のシンバル
ワンダーランドのワンダーソング
生命のシンバル
ホタル
ホタル
ブルース
ホタル
タイムバッファロウ
ホタル
天国からの手紙
ノクティルカ
イエロームーンチャイルド
ノクティルカ
生命のシンバル
ノクティルカ
花火計画
ノクティルカ
バク
ノクティルカ
夜はひらめく
ノクティルカ
エフィラ
ノクティルカ
メテフィラ
ノクティルカ
ホタル
ノクティルカ
涙が滲む理由
ノクティルカ
星霜、誘う
星霜、誘う

オススメアーティスト

今日の人気曲

mora 最新音楽ニュース @mora_info

    ページの先頭へ戻る