大江 千里

トップイメージ

プロフィール

大江千里

おおえ・せんり

1960年生まれ。1983年にシンガーソングライターとしてデビュー。

「十人十色」「格好悪いふられ方」「Rain」「ありがとう」などのシングルがヒット。

2008年ジャズピアニストを目指し渡米、NYのTHE NEW SCHOOL FOR JAZZ AND CONTEMPORARY MUSICに入学。2012年、大学卒業と同時に自身のレーベル「PND Records & Music Publishing Inc.」を設立。同年1stアルバム「Boys Mature Slow」でジャズピアニストとしてデビューを果たした。

2015年には、渡米からジャズ留学、大学卒業までを記した著書「9番目の音を探して」を発表。2016年夏、4枚目にして初の全曲ヴォーカルアルバム『answer july』を発売。

2018年1月に発売した「ブルックリンでジャズを耕す」では、海外で起業するその苦闘の日々を軽やかに綴っている。

2019年にはデビュー35周年記念作品『Boys & Girls』が大ヒットを記録。

現在、ベースとなるNYのみならず、アメリカ各地、南米、ヨーロッパでライブを行いながら、アーティストへの楽曲提供やプロデユース、執筆活動も行なっている。

ディスコグラフィ

該当の商品がありません

今日の人気曲

mora 最新音楽ニュース @mora_info

    ページの先頭へ戻る