「ザ・ノンフィクション」の曲「サンサーラ」 ~カバーされる名曲たちとその魅力~

カバーされる名曲たちとその魅力

原曲に尊敬の念を込めながら、名曲を自分たちなりにアレンジして世に放つカバーソング。

世の中に星の数ほどある名曲の中から、よくカバーされる楽曲をmoraスタッフが自らが選び、その原曲とカバー曲の魅力を紹介するコーナーです。

※mora カバーアルバム特集はこちら


 

2018年10月24日リリース
いきものがかりヴォーカルの吉岡聖恵によるカバーアルバム
「うたいろ」

うたいろ/吉岡 聖恵

ハイレゾ 購入・試聴

AAC 試聴・購入

 


 

<紹介する楽曲:サンサーラ>

ドキュメンタリー番組の「ザ・ノンフィクション」(フジテレビ系 毎週日曜14:00~)のテーマ曲。番組をご覧になった方ならこのテーマ曲の威力の大きさはご存知の通りでしょう。今回は「ザ・ノンフィクション」を見ている・見たことのある人向けの記事になります。もちろん私も毎週かかさず見ています。30代になってから見るようになりました。

ドキュメンタリー番組エンディングは、その曲の威力のすさまじさは皆さんご存知の通りでしょう。
『情熱大陸』の「Etupirka 」(葉加瀬太郎)、『プロフェッショナル 仕事の流儀』の「Progress」(kokua)、『ドキュメント72時間』の「川べりの家、」(松崎ナオ)、どれをとっても番組とのマッチングがすさまじく、番組のおかげで曲の良さが際立つのか、曲のおかげで番組の良さが際立つのか、はたまた両方か。
いずれにせよ、名曲揃いのドキュメント番組ですが、その中でも群を抜いて音楽と抜群のマッチングをしているのが「ザ・ノンフィクション」(フジテレビ系 毎週日曜14:00~)の「サンサーラ」。”生きてる 生きていく”、この歌詞のインパクトの強さもあり、番組を見終わった後には、何とも言えない前向きな気持ちになるのは私だけでしょうか?

<紹介するmoraスタッフ>

・名前:ハイレゾマンの中の人
・年齢:社会人として脂が乗りに乗っている30代中盤
・性別:男性
・趣味:サッカー、ダンス、お笑い、汗をかくこと。
・担当:mora編成・宣伝全般

 

 

優しい…。優しすぎるが、メッセージは力強い。 
地上で最も優しい歌声による「サンサーラ」

THE BEST OF KOUSUKE ATARI/中 孝介

中 孝介「サンサーラ」

ハイレゾ 購入・試聴

AAC 試聴・購入

まずは”地上で最も優しい歌声”の中孝介が歌う「サンサーラ」。奄美大島出身の彼の歌声は、とにかく優しい。ファルセットと地声が同居する独特の温かみが番組のエンディングとがっちり握手を組んで心に染みてきます。そもそも「サンサーラ」の意味は何か気になるところですが、サンスクリット語で「輪廻転生」という意味です。「輪廻転生」、「生きてる 生きていく」。これほどまでに真っ直ぐに伝えてくる歌詞があったでしょうか? 落ち着いたアレンジの中に楽器のような中孝介の歌声。優しく「生きてる 生きていく。だから生きていきなさい」と背中を押してくれるような、父親のような曲でもある。

 

厳しくも優しい 
母親のようなメッセージをしみこませてくれる「サンサーラ」

尊々加那志~トウトガナシ~/城南海

   

城南海「サンサーラ」

ハイレゾ 購入・試聴

AAC 試聴・購入

頭サビで「生きてる 生きていく」。中孝介に続いては、同じく奄美大島出身の城南海。カラオケ番組でも抜群の歌唱力を披露している彼女の「サンサーラ」は、力強い。中孝介の時の父親的な優しさを含みつつも、下町のおかあちゃんのような「しっかり生きなさいよ!」という力強さが彼女の歌声から伝わってくる。もしあなたがこの曲を聴いて涙してしまう時、そんなときは一度両親に連絡を取ってみてはいかがでしょうか? 必ず全てを肯定してくれるはずです。

  

イントロが足されて、より応援力が増した
現役看護師シンガーソングライターによる「サンサーラ」

恋の知らせ/瀬川あやか

瀬川あやか「サンサーラ」

AAC 試聴・購入

現役看護師シンガーソングライター瀬川あやかによる「サンサーラ」は、今までとはガラりと表情を変えてきた。もしかすると、今までの「サンサーラ」に馴染んだ「ザ・ノンフィクション」ファンからすると、違和感を覚えたかもしれない。今まで番組で起用されていた奄美大島出身シンガーによる「サンサーラ」は頭サビ且つ島唄の要素も入っていたせいか、地方出身者の上京したて人への”生きてる 生きていく”と言える。しかし、瀬川あやかの「サンサーラ」はイントロが足されており、”生きてる 生きていく”への助走が用意されている。番組での曲が流れる場面に関しても、キラーワードの”生きてる 生きていく”を出すよ、出すよ!?と準備させてくれる。アレンジも変わり、キラキラ感のある都市部的な”生きてる 生きていく”である。

 

エレキギターで”鳴き”要素満載
生粋のボーカリストによる厳しい上司的な力強さのある「サンサーラ」

サンサーラ/宮田悟志

宮田悟志「サンサーラ」

AAC 試聴・購入

2018年10月現在の「ザ・ノンフィクション」で使用されている宮田悟志による「サンサーラ」。圧倒的特徴はエレキギターによる力強いイントロ。演歌的”鳴き”要素も足され、メッセージ性もより強くなったが、優しさが弱まったわけではない。歌声がより強くなったことで「負けてたまるか!」と奮起させてくれる、そういう厳しい上司的な優しさがある。

 

 

番組ファンならこの「サンサーラ」の素晴らしさ、流れるタイミングの良さ、歌詞の力強さなど、語りだしたら止まらないだろう。
番組にも楽曲にもアーティストにもこれからの素晴らしい活躍に期待したい。