【レポート】制作秘話盛りだくさんの超プレミアム空間!『ゼノブレイド2 黄金の国イーラ オリジナル・サウンドトラック』購入者スペシャルイベント

2019年1月20日(日)、mora presents『ゼノブレイド2 黄金の国イーラ オリジナル・サウンドトラック』購入者スペシャルイベントが、乃木坂のソニー・ミュージックスタジオにて開催された。
事前応募者の中から約8倍の倍率をくぐり抜けた40名のみが参加できる、プレミアムなイベントだ。

Nintendo Switch『ゼノブレイド2』『ゼノブレイド2 黄金の国イーラ』は、ゲームの面白さはさることながら、豪華作曲陣の楽曲も非常に人気な作品だ。
クオリティーの高いハイレゾ音源を、圧縮音源と同じ価格で販売をしている珍しい作品でもあり、音楽配信サイトmoraではランキング上位の常連となっている。
本イベントには、『ゼノブレイド2 黄金の国イーラ オリジナル・サウンドトラック』の作曲に関わっている光田康典さん、ACE CHiCOさん、清田愛未さんの3人が出演し、なかなか聞くことのできない制作秘話が展開された。

 

 

まずは事前に応募者から募った質問をもとに、トークコーナーが始まる。
「『黄金の国イーラ』と本編の楽曲で、異なった点について教えてください」という質問に対して、「『黄金の国イーラ』は“アコースティック”なサウンドがテーマでした」と答える光田さん。
ゲームの総監督を務める高橋哲哉さんの意向で、『黄金の国イーラ』ではエレキギターなどのデジタルなサウンドは使用していないそうだ。
“アコースティック”のテーマを踏まえて、CHiCOさんはさらに“ジャズっぽさ”を意識したと話す。

また「普段はどのような環境で音楽を聴く事が多いですか」という質問に対しては、「そんなに高くないですよ」と清田さんが答える。
お子さんがいることもあり、子供向けの歌を手軽に聴けるスマートスピーカーなども重宝しているそう。
CHiCOさんも900円のイヤホンも含めて、安い物からプロユースの物まで複数種類のイヤホンと、同じく安い物からプロユースの物まで複数種類のスピーカーで音を確認していると話す。
一方で自宅に制作環境を整えている光田さんは、作曲・MIXと同じ環境下で音楽を聴くことが多いそうだ。

「ゼノブレイドのコンサートの予定はありますか?」との質問には、「高橋総監督も開催したがってるんですよ」と答える光田さん。
「曲数が多いから、2泊3日くらい開催できそう」とCHiCOさんは笑う。
ただしどの曲も、生音での演奏を前提としていない難しいアレンジのため、特に平松建治さんの手掛けた曲については「ギタリストを4人くらい入れないと」との意見も。
光田さんが「バンドより、オーケストラコンサートの方が難しくないかも」と話すと、会場からは期待を込めた拍手が起こる。

 

 

そしてイベント後半はスタジオルームに移動し、実際に『ゼノブレイド2 オリジナル・サウンドトラック』のレコーディングなども行っている環境で、ハイレゾ音源を鑑賞した。

1曲目に流れるのは、『ゼノブレイド2 黄金の国イーラ オリジナル・サウンドトラック』より『リサリア原生林』。
作曲を手掛けた清田さんは、「今回“アコースティック”がテーマだったこともあって、パーカッションも全部実際に演奏してもらったんです」とこだわりを話す。
「シェイカーの音1粒1粒、味がありますね」と、ハイレゾ音源で改めて楽曲に聴き入る。

ACEの2人が手掛けた『四足のアルス/グーラ』は、ベース・ドラムを同時録音をしたそう。
アドリブパートでは異なるパターンを何回もレコーディングしたというから驚きだ。

王都アウルリウム』は、「“枯れた感じ”というディレクションをしました」と話す清田さん。
レコーディングが終わった後に、「いい感じに枯れていました!」という不思議な褒め方をしてしまったエピソードを話し、客席の笑いを誘う。

そして『黄金の国イーラ』のエンディング曲となる『A Moment of Eternity』。
光田さんは、ボーカリストのJen Birdさんと「相当コミュニケーションを取った」と話す。
本編のエンディング曲は日本でレコーディングを行っていたが、Jenさんご本人からの要望もあり、『A Moment of Eternity』はJenさんの暮らしているロンドンでレコーディングを行ったそうだ。

平松建治さん作曲の『戦闘!! / イーラ』を挟んで、『ゼノブレイド2』本編からも数曲がピックアップされる。
光田さんが手掛ける『Xenoblade II – Where It All Began – 』は、ハイレゾの良さが顕著に感じられる楽曲。
主人公が海の中に入っていく様子を重低音で表現したと言い、「この重低音はゲーム機だと分からないかもしれないですね」と3人で顔を見合わせる。

グーラ領 / 森林』のレコーディング時、体調を崩していたという清田さん。苦しかった思い出が残っているそうだ。
本楽曲のパーカッションについて、「打ちこみでも、ハイレゾで聴くと違って聴こえますね!勉強になります」と笑う。

Drifting Soul』は、ACEの工藤ともりさんが手掛けた楽曲だ。
残念ながら本イベントには出演できなかったが、CHiCOさんを通して「ベースを担当した渡辺等さんが、すごいスキルだった」との言付けを披露する。
なお本楽曲は、元々男性ボーカルの予定だったそう。
自身もボーカリストとしても活躍するCHiCOさんがいることもあり、ACEはキーの設定に強いこだわりを持っているという。何度もJenさんの音源や映像の声を確かめ、一番Jenさんらしさが出るキーを探し、Jenさんの低音の魅力を出したいと思い、歌い出しでその低音が語りかけてくるようにしたという。

続いての『雷轟! アルティメット』は、8 bit調の貴重なデモ音源も。
録音の直前に仕様が変わって、ともりさんが今の形へとアレンジをしたという。

そして最後に流れるのは、本編のエンディング曲である『One Last You』だ。
「『ゼノギアス』の頃から“悲しいけど希望はある”がテーマであることが多かったため、高橋総監督とは暗黙な了解がありました」と光田さんは言う。
またボーカルのキーについては、「一音目で“来た!”という音を出せるか」という点を大切にしたという。

こうして、ボリューム満点のハイレゾ鑑賞コーナーを終え、最後に3人から一言。
まず楽曲を久々に聴いたという清田さんは、「もう1回ゲームをプレイしてみたいなと思いました」と話す。
ハイレゾを通して、「ホールやスタジオの違いまではっきりと聴いてとれました」と話すのはCHiCOさんだ。
また光田さんは、「プロキオン・スタジオで制作しているハイレゾ音源は、圧縮音源と値段も変わらないので、少しでも良い音で聴いてください」とまとめ、本イベントは終了となった。

 

 

スタジオでのハイレゾ鑑賞と豪華作曲陣の貴重なトークを通じて、『ゼノブレイド2』シリーズを彩る楽曲に込められた想いを、改めて強く感じる1時間であった。
ゲームをプレイしている人にとってはもちろんのこと、ゲームをプレイしていない人にとっても、“作品”として充分に聴きごたえのある『ゼノブレイド2』シリーズのオリジナル・サウンドトラック。
制作秘話を胸に、もう1度聴き直してみることにしよう。

 

▼好評配信中▼

「ゼノブレイド2 黄金の国イーラ オリジナル・サウンドトラック」

ゼノブレイド2 黄金の国イーラ オリジナル・サウンドトラック/光田康典 / ACE(工藤ともり、CHiCO) / 平松建治 / 清田愛未

試聴・購入 [ハイレゾ]

試聴・購入 [AAC]

※2018年12月14日(金)~2019年3月13日(水) 23:59にご購入いただいた方に【デジタルライナーノーツ】をプレゼント!

 

「ゼノブレイド2 オリジナル・サウンドトラック」

ゼノブレイド2 黄金の国イーラ オリジナル・サウンドトラック/光田康典 / ACE(工藤ともり、CHiCO) / 平松建治 / 清田愛未

試聴・購入 [ハイレゾ]

試聴・購入 [AAC]