【mora独占インタビュー】Argonavis『STARTING OVER/ギフト』配信記念!全速力で走り始めた彼らの素顔に迫る

「BanG Dream!(バンドリ!)」発のボーイズバンドプロジェクトとして始動した、「ARGONAVIS from BanG Dream!(アルゴナビス フロム バンドリ!)」。
下北沢GARDEN、舞浜アンフィシアター、そして幕張メッセと、その活動領域と知名度を着実に広めつつあるArgonavisが、2019年8月21日(水)に2ndシングル『STARTING OVER/ギフト』をリリースしました!ボイスドラマを含めてハイレゾも配信、さらにサイン色紙のプレゼントキャンペーンも実施いたします!

 

『STARTING OVER/ギフト』
Argonavis

STARTING OVER/ギフト/Argonavis

試聴・購入 [ハイレゾ]

試聴・購入 [AAC]

 

moraでは2ndシングルの配信開始を記念して、七星 蓮役・伊藤昌弘さん五稜結人役・日向大輔さんへ独占インタビューを実施!新曲やボイスドラマについてはもちろん、ライブや練習風景、ハイレゾについてもたっぷりお話をお伺いしました。
真っ直ぐな姿勢が随所に伺えるインタビューとなっています。

 

1. ライブ/練習について

――まずはBanG Dream! Argonavis 1.5th LIVE、お疲れ様でした!1st LIVEから2か月しか経っていないにもかかわらず、さらに巧くなっていて驚きました。どれくらい練習されたのでしょうか?

伊藤:バンドレッスンと個人レッスンを合わせて、週2回くらいです。ただレッスンに向けての個人の練習だったり、歌詞を覚えたり、移動中に音源を聴いたり、日常生活の中でArgonavisを考えている時間はとても長いですね。

――“Argonavis漬け”ですね(笑)!

伊藤:“Argonavis漬け”です(笑)。でも「仕事」というより「好き」という気持ちでやらせていただいているので、有難いですね。
日向:僕はとことん基礎練習をやってました。もともとシンガーソングライターだったんですけど、アコースティックギターからエレキギターに変わったんですよね。重さだったり、弦の抑え方だったり、ピックだったりが全然違って。本当に基礎練習が大変でした。
伊藤:僕の場合、シンガーソングライターとして活動してたときはギターを片手に歌うスタイルだったので、ハンドマイクを経験したことがあまりなくて。「マイク持ってない方の手、どうすればいいんだろう」とかよく考えてますね(笑)。

――確かに1.5th LIVEでは、 伊藤さんは”動き”を意識されていた印象です。

伊藤:レッスンのときに「自分らしさを大切にしてほしい」と言われたのがきっかけで、好きなアーティストのライブ映像を見ながら、蓮くんっぽい動き、 伊藤っぽい動きをちょっとずつ盗んで、形にしていくという作業をしてます。洋楽・邦楽問わず、マイケル・ジャクソンとかリンキン・パークとか…本当に漁るように見ていますね。「意外と動いてないのにすごい存在感があるのは何でだろう?」とか考えつつ、立ち振る舞いやステージングを参考にしてます。

――さらに1.5th LIVEでは、「歌詞を表現されているのかな?」というような動きやパフォーマンスも見受けられました。

伊藤:バンドのボーカルとして、歌詞を通じて熱量であったり想いを伝えたいなって。(ライブで初披露した)『STARTING OVER』も、「自分で限界をつくらず、この先まだ行けるだろう」っていう曲なので、そういった歌詞がより伝わるといいなと思いながら歌ってました。

――日向さんは、ライブを重ねるごとにギターソロが進化してきていますよね。

日向:一生懸命かっこつけようと、頑張ってます(笑)!

――そして「一生懸命かっこつけよう」と思っているときに、伊藤さんが顔を覗き込んできたりして…(笑)。

日向:『GO!!!』ですよね。練習の時から邪魔してくるんですよ(笑)。
伊藤:より、ミスさせようって(笑)。
日向: 1.5th LIVEは本当にひどい邪魔の仕方でしたね(笑)!
伊藤:でも最近はちょっと触ったくらいだと動じなくなってきたんですよ!「成功を阻止しないと!」って思って、工夫を凝らしてます(笑)。

――Argonavisは男性のお客様も多いですが、ライブで意識することはありますか?

日向:メンバーそれぞれの役割というものがあると思うんですけれど、僕は女性の方に対しても男性の方に対しても、会場のヴォルテージを上げる“火付け役”かなと思ってます。1.5th LIVEでも、正面のお客様だけではなくて、端っこや奥の方にいるお客様も煽ったりしましたね。
伊藤:同性の方も応援してくださるのはすごくうれしくて。“ド直球ストレート”で行こうと思っています。スタイリッシュなかっこよさだけじゃなくて、泥臭さも含めて届けようと。
日向:「BanG Dream!(バンドリ!)」を知らない方にも、Argonavisの演奏を通じて「BanG Dream!(バンドリ!)」を好きになってもらえるようなきっかけづくりをしたいと思ってますね。Argonavisの音楽って、アニメが好きな方にも、アニメにあまり馴染みのない、音楽好きの方でも楽しめる要素がたくさんあって。逆にArgonavisのキャラクターが好きでライブに来てくれた方には、より音楽の良さを伝えたいなと。両方を深めることを目標にやってます。

――ライブ前の練習方法について、お伺いさせてください。

伊藤:特にライブ前は、みっちりバンド練習をします。みんなで合わせるだけではなくて、例えばクリック音や(シンセサイザーなどの)同期音を全部抜かして練習したりもしてます。僕たちは「抜きナビス」って呼んでるんですけど(笑)。

――「抜きナビス」?

伊藤:そうです。本当に純粋に、僕たちの音だけで演奏してみるんです。
日向:あとは1.5st LIVE前に関しては、伊藤ちゃんが提案してくれた「脱力ナビス」をやってみました(笑)。
伊藤:脱力って大事だと思っていて。余計な力が抜けて周囲のことも見れますし、適度な緊張は残しつつ。メンバーみんなのリズムがすごい合うんですよね。

――お二人はArgonavisの中でも音楽経験が長いですが、練習のときにもメンバーを引っ張ったりすることはありますか?

日向:引っ張るのは、だいたい伊藤ちゃんですね。
伊藤:よりみんなが楽しく演奏できるように、手助けをしたいと思っていて。森嶋さん、前ちゃん、祥平ちゃんも、めちゃめちゃ練習しているんです。本当に高い熱量で練習しているから、僕も遠慮せずに本音で話そうと思って。

――素敵な関係性ですね!

伊藤:本当にそうですね。すごく良い刺激を受けてます。

 

Argonavis 1.5th LIVE ライブレポはこちら

 

2. ニューシングル/ボイスドラマについて

――8月21日(水)には2ndシングル『STARTING OVER/ギフト』が発売となります。レコーディングはいかがでしたか?

伊藤:『STARTING OVER』は、「どこまでロック色を出していいのか」っていうことを悩みましたね。ロック色を出しすぎるとArgonavisじゃなくなっちゃうので。何回も(クリエイター陣と)キャッチボールして、シャウトのギリギリ一歩手前を攻めたりして、蓮くんっぽさを表現しました。

――本当はもっとシャウトしたかったですか?

伊藤:うーーーーーん、ちょっと(笑)。ライブではシャウトしてしまいました(笑)。
日向:すごいかっこいい曲なので、かっこよく歌いたいっていう思いがあって。僕も最初のレコーディングで、「Only you can do it! Do it!」のフレーズをシャウト気味に歌ったら、「ちょっと違うかも」ってなって(笑)。もっと結人くんを意識するようにして歌いましたね。

――レコーディング中、大変だったことはありますか?

伊藤:(ブリッジの)「笑われるくらいが丁度いい」から(ラスサビの)「さあ 行こうぜ!」までを、ブレス無しで歌ったことですかね。

――めちゃめちゃ長いですね!

伊藤:「人間ボカロ」って言われました(笑)。でも馴染んでくるとブレスしない方が歌いやすくて。ライブでも一息で歌いましたね。
日向:僕は、ラップに対してのハモリが一番難しかったです。「こういう風にしてください」っていう要望もそこまでなくて…むしろ「自由にお願いします」っていう感じだったので。キャラクターを考えながら歌うのが難しかったですね。

――ただでさえ、ラップのコーラスは難しいですよね。

日向:レコーディングは歌だけで大丈夫ですけど、さらにライブだとギターを持って歌うので…。弾いて、歌って、エフェクターの切り替えも考えて、同時に3つのことをやらなきゃいけないんです。だから(1.5th LIVEは)大変でしたね。
伊藤:『STARTING OVER』の仮歌はASHさん(ASH DA HEROさん)本人が歌ってくださっていて、仮歌の時点で既にめちゃめちゃかっこよかったんです。「これを僕が歌うんですか?」ってくらい(笑)。でもライブにASHさんが来てくださったときに、「伊藤くんの今の想いや熱量を、何かに”寄せる”のではなくそのまま歌ってほしい」っていう話をしていただいて。励みになりましたね。自分として、蓮くんとして積み重ねていったものが、こうやって1個の世界観として広がっていくんだと思うと、嬉しかったです。

――Argonavisの楽曲は、1stシングルのタイトルが『ゴールライン』だったりと、歌詞にもこだわりが感じられます。

伊藤:ストレートに歌わせてくれないですよね(笑)。いろいろ考えさせられます。
日向:『STARTING OVER』の歌詞は、中村先生(中村航さん)とASHさんが書いてくださったんですけれども、「何をやるにしても限界はないんだ」というメッセージには励まされる人も多いんじゃないかなって思います。

――1回挑戦して、失敗してしまった経験のある人でも、勇気づけられるような歌詞ですよね。好きなフレーズはありますか?

日向:「いっそ 比べるなら 誰かじゃなく VS 自分」ですね。人間って、誰かと比べちゃう癖があるじゃないですか。もちろん僕も「あの人羨ましいな」って思うことがあるんですけれども、結局最大の敵は自分自身で。過去に嫌なことがあったとしても、自分自身の未来に繋がる物語なんです。本当にいろいろ考えさせられる歌詞だなって思います。

――2曲目に収録される『ギフト』についてもお伺いさせてください。

伊藤:『ギフト』はTVアニメ「カードファイト!! ヴァンガード新右衛門編」エンディング主題歌なんですが、「fight & ride」ていうヴァンガードらしいキーワードも入っていって。ヴァンガードとArgonavisの世界観が両方入っているのが、まずすごいなぁって感じました。あとミドルテンポの曲を歌うのが、Argonavisとしては初めてで。すごく歌っていて気持ちよかったですね。
日向:ずっと言ってるよね(笑)!
伊藤:『STARTING OVER』は、自分自身も「限界なんか超えていけー!」っていう気持ちで歌ってるので(笑)。

――確かに『STARTING OVER』は音域も高いですしね!

伊藤:本当に自分の限界に挑戦していますね(笑)。

――とはいえ伊藤さんは、高音が綺麗に出るところが魅力の1つです。

日向:すごいですよね!僕はカラオケで『ゴールライン』を歌うことがあるんですけど、ちょっと音が下にズレちゃうんですよ。サビの一発目の音から、ピンポイントでメロディを当てられるのはすごいです。

――ちなみに伊藤さんは、日向さんの好きところはありますか?

日向:もういっぱいあるんじゃないですか?話すと1日かかっちゃいますよね(笑)!
伊藤:特に好きなのはギターソロですね!当たり前のように弾いてるんですけど、すごいかっこよくて。さらにひゅーすけは音作りも自分でやってるんですが、ギターが五稜結人モデルになってからまた音作りが変わったなと。より歌っていて気持ち良くなりました。ギターヒーローですね。

――「ギターヒーロー」!特撮好きの蓮くんらしい表現ですね。

日向:前田くんのベースも、祥平ちゃんのドラムも、森嶋さんの鍵盤も、本当にうまくなっていってるなと思ってて…みんながヒーローですよね!ベースヒーロー、ドラムヒーローと、鍵盤ヒーロー(笑)!

――2ndシングル『STARTING OVER/ギフト』にはボイスドラマも収録されています。声優としてボイスドラマに挑戦してみて、いかがでしたか?

伊藤:正直分からないことだらけだったんですけど、森嶋さんが時間内外問わず教えてくれて。どんな悩みでも、どんなくだらない事でも時間を割いてくれて、本当に助けられました。
日向:僕もボイスドラマは初めての体験だったんですけど、台詞に対して表情やシーンを想像する力が最初は全然なくて。例えば、僕自身がすごく落ち込んでいるときに収録があって…でも結人くんってすごい元気なキャラクターじゃないですか。気持ちを切り替えるのが難しかったですね。
伊藤:ただボイスドラマには、演奏に活かせるようなヒントや道標も隠されていて。ボイスドラマを演じてからは、演奏もやりやすくなりました。

――ボイスドラマを通じて蓮くんが教えてくれたことがある…ということでしょうか?

伊藤:そうですね、新しい発見がたくさんありました。もともと蓮くんは人見知りなんですけど、大好きな音楽を通じてArgonavisのメンバーと繋がって、心の距離が近くなっていっているんです。音響監督さんからも「もっとメンバーとの距離感を詰めていいんじゃないか」って言われて、「あ、僕は蓮くんを決めつけちゃってたな」って思って。

――ご自身の性格と、キャラクターの性格で、似ている部分はありますか?

日向:結人くんは、他のメンバーからも「そのまんまだよね」って言われるくらいリンクするところは多いですね。

――宿題は早めに終わらせるタイプですか?

日向:終わらせないタイプです(笑)!

――メンバーに怒られちゃいますね(笑)!とても素敵なストーリーなので、是非楽曲と合わせて聴いていただきたいです。

伊藤:今回のボイスドラマでも描かれてますけど、蓮くんはヴォーカリストとして大きな成長を遂げていて。1人で歌ってきた蓮くんが、「誰かのために歌いたい」って思い始めるんです。だから、僕自身の成長も感じてもらえるような演技をしていきたいなと思います。

 

『STARTING OVER/ギフト』
Argonavis

STARTING OVER/ギフト/Argonavis

試聴・購入 [ハイレゾ]

試聴・購入 [AAC]

 

3. ハイレゾ体験コーナー

――それではハイレゾ体験コーナーです!今回、2ndシングルに収録されている『STARTING OVER』、『ギフト』とボイスドラマのハイレゾをお持ちしました。

日向:すごいクリアですね!それぞれの楽器の音がきれいに聴こえますね。ハイレゾは聴いたことなかったんですけど、こんなに違うんですね。

――日向さんは、音にこだわるタイプですか?

日向:音へのこだわりは半端ないです。もともと宅録(自宅録音)でレコーディングをしたりとか、作曲もしていたんです。実は自宅にレコーディング部屋があって、スピーカーとかの機材もそろえてますよ!

――自慢の機材はありますか?

日向:自慢なのは…機材よりも技術ですかね(笑)!
伊藤:かっこいい(笑)!

――個人的には、伊藤さんの少しハスキーな声質を、是非お客様にもハイレゾで味わってもらいたいなと思っているんです。『STARTING OVER』のブレスとか、ボイスドラマの冒頭の「夏休みに入る…」

伊藤日向:「…少し前」!
日向:いいですよね!

――スタッフのイチオシです!伊藤さんは、ハイレゾを聴いてみていかがですか?

伊藤:めちゃめちゃいいですね。Argonavisはレコーディングやマスタリングとか、自分にはもったないような方がいっぱい関わってくださっているんですが、プロフェッショナルの方の意図がよりストレートに聴いてくださる方にも伝わると思います。素直に、欲しくなっちゃいますね!
日向:ハイレゾをいっぱい聴いて、是非会場でも盛り上がってほしいなって思います。

 

 

 


 

『STARTING OVER/ギフト』
Argonavis

STARTING OVER/ギフト/Argonavis

試聴・購入 [ハイレゾ]

試聴・購入 [AAC]

 

リリース情報

Argonavis『STARTING OVER/ギフト』

■配信開始日:2019年8月21日(水) 0:00
■ハイレゾ音源仕様:FLAC|96kHz/24bit
■ハイレゾ音源販売価格(税込) :1,000円 (単曲価格: 432円)
■通常音源仕様 :AAC-LC | 320kbps
■通常音源販売価格(税込) :600円 (単曲価格: 250円)

 

特典情報

Argonavis『STARTING OVER/ギフト』をmoraにてまとめて(アルバム)ご購入いただいた方の中から、抽選で3名様に【伊藤昌弘さん、日向大輔さん サイン色紙】をプレゼント!

■プレゼント内容:
伊藤昌弘さん、日向大輔さん サイン色紙

■対象作品:
Argonavis『STARTING OVER/ギフト』
※まとめて(アルバム)ご購入いただいた方が対象となります。
※AAC(通常音源) or ハイレゾどちらでもご応募いただけます。

■対象期間:
2019年8月21日(水)0:00 ~ 9月3日(火)23:59

■当選発表:
ご当選者の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。
※不達となった場合、繰り上げ当選とさせていただく場合がございます。

 

 

□桜田 夢子
音楽好きのアニメ・ゲームオタクとして、mora内ブログやTwitterにしばしば出没。
ライブレポートやレビューなどを随時執筆中。過去の記事はこちら